低血圧の朝は吐き気とだるい時がある?改善方法とは

朝起きたら吐き気やだるい時があると低血圧によるものかなと悩んでいる人もいると思うので原因について説明したいと思います。



改善方法も紹介するので最後まで見る事をお勧めします。

まずは低血圧の人はなぜ朝に吐き気とだるい症状が起こるのかを説明して、次に改善方法を幾つか紹介したいと思います。


低血圧の朝に起こる症状


なぜ低血圧の人の朝が辛いのか説明すると人間は寝ている間に血液を利用して、全身に栄養と酸素を運んでいるのですが、血液の80%が水分で出来ています。

水分を取らないと状態が続く睡眠時間は水分を全く取れません。

そのため栄養と酸素が脳に行き辛い状態となり、足りなくなる事から低血圧の人は朝起きた時がだるい上に気分を悪くして吐き気を伴う事があるのです。

しかし、遺伝的な体質や環境も関わるケースもあるので一概に言えません。

低血圧な人が朝起きた時に出る症状は、ストレス、頭痛、食欲減退、全身がだるい、吐き気、めまいなど様々なので忘れないようにしましょう。

特に20~30代の女性に多く、痩せている人が当てはまりやすいようです。

20~30代の女性などはダイエットのために朝食を抜く事があるため、低血圧になりがちなのが原因の一つと分かっているので、食べる事が大切です。

特になで肩や筋肉質で痩せている人は低血圧な人が多いです。


スポンサードリンク


吐き気とだるさを改善する方法


朝起きるとだるい上に吐き気があると仕事に行く気も失せると思うので、今からする習慣を取り入れて生活すれば改善に向かいます。

低血圧を改善する方法

水を寝る前に飲む
ストレッチをする
塩分を取る
しょうが湯を飲む

以上が低血圧を改善する方法なので行うようにしましょう。

やはり睡眠状態では水は摂取出来ないため寝る前にコップ1杯飲む事が対策となるので、忘れないように毎日飲みましょう。

ストレッチや足湯などの血の巡りを良くする方法も効果的です。

しょうが湯はすりおろした生姜大1にお湯100㏄を混ぜると出来上がりなので、毎日飲むと確実に体温が上がり、だるい時や吐き気がある時に有効です。

毎日1杯決まった時間に飲むのが良く、冷えを感じた時にお勧めします。

美味しくないという方はハチミツを入れるか砂糖を入れるのも良く、ハチミツの方が体に優しいので出来ればそちらにすると良いです。


スポンサードリンク



だるい時と吐き気の対処法


まず低血圧の人で朝起きた時にだるい時は納豆がお勧めで、納豆にはビタミンB1が含まれているため疲労回復に期待出来ます。

それだけでなく付いている醤油タレには塩分が含まれているのでお勧めです。

吐き気がする時は「関衝」という薬指の爪の生え際のツボを押すのが効果的で、押し方はまず親指と人差し指でツボを挟みます。

まず5秒間指を離さずに少し強く押して、次に7秒間さらに強めに押します。

最後の5秒間は指の力を弱めた状態で押して終わりなのですが、これを5回ほど繰り返すと吐き気が無くなってくるのでお勧めします。

最後の5秒間は優しく押すので強めに押さないように気を付けましょう。

低血圧の人の朝はだるい時や吐き気がありますが、あまりにも酷い場合ですと別の病気に掛かっている可能性があるので病院に行くのも良いです。

以上でだるい時と吐き気について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ