低血圧は朝に弱い?対策方法とは

朝起きた時に低血圧な人ほどベットから出たくないという方が多く、その悩みを解決するために対策方法を紹介します。


原因や危険についても説明するのでよく見てください。

まずは低血圧の人は本当に朝に弱いのかを説明して、次に日常生活を送る中で簡単に出来る対策方法について解説します。


低血圧の人は朝に弱いのか?


血圧が低い人は自分の体と脳に血液を送り出す力が弱く、血液は栄養や酸素を運ぶ役割をしているため、送られる量が少ない事から脳が活性化してないのです。

そのため朝に弱いという事が関わってくるのです。

一般的に最高血圧が100mmhg以下の人が該当していて、めまい、吐き気、息切れ、頭痛、体のむくみ、疲労、食欲不振などがあります。

これらの事により朝起きる時に弱いという事も理由の一つです。

しかし、寝起きが悪いのとは関係ないので、早めに寝る事やアロマテラピーなどでリラックスして寝ると改善に近づけます。

なぜ低血圧の人が朝弱いのか簡単に説明すると血流が関係しています。

低血圧の人は痩せている人が多く、20~30代の女性に最も多いとされていて、遺伝的な体質により生まれながらにそのような体質の人も少なくありません。

痩せていて筋肉質な人やなで型の人は血流が悪い人が多いです。


スポンサードリンク


低血圧の対策


朝に弱い人はやはり低血圧を改善する対策を行わなければならないので、今から紹介する方法を日頃から取り入れて生活しましょう。

低血圧の対策

寝る前に水を飲む
靴下を履く
水分を小まめに取る
スクワットをする
納豆を食べる

以上が低血圧の対策となるので、朝に弱い人にはお勧めです。

寝る前に水を飲むのは寝ている際は水分を取れない状態となっている事から、血液の流れが悪いのでそれを防ぐために寝る前に水を飲みます。

これをすると低血圧を防ぎ朝にも少し強くなれます。

血液の80%が水分なので小まめに摂取して、靴下を履いて血流を良くした状態で過ごすと次第に良くなっていきます。

スクワットやウォーキングをすると低血圧の対策にもなってきます。

納豆には亜鉛という血液を作る成分を持っているため、2日に1パックほど食べていれば次第に朝に強い体に近づけますのでお勧めです。


スポンサードリンク



低血圧の朝の対処法


朝に起きる時が辛い時はなるべく早く水を飲むと血流が良くなり少しだるさが無くなるので、この方法を行いましょう。

首のマッサージやスクワットでも良いので少し体を動かせましょう。

体がだるいと思う朝は味噌汁を飲むのが大切で、味噌汁は血圧を上げてくれる塩分を含んでいるため良い対策となるのでお勧めです。

味噌汁がない場合は納豆でも良いので好きな方を選びましょう。

朝食を食べないと血流の動きが悪くなる事から毎日食べる事が大切なので、何かしら食べる事を忘れないように過ごしましょう。

ちなみに頭痛がする時や体があまりにもだるい場合は会社を休みましょう。

立ちくらみやめまいがする場合はすぐに座って頭を下にして過ごすのが良く、無理に動いて意識を無くすと危険なのでそのように対策を取りましょう。

以上で低血圧で朝に弱い時の対策について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ