血圧が低い時の対応と対策とは?血圧を上げる方法について

なんか最近血圧低いなぁという方は心配になる方も多いと思うので、なぜ低くなるのかを説明していくのでよく見てください。


対応と対策も紹介するので日頃から取り入れて生活すると改善に期待出来ます。

まずは血圧が低い時の症状を説明して、次に対応と対策を解説していくので気になる内容を読んでみてください。


血圧が低い時の症状


体がだるい時や突然めまいが襲ってくる場合は血圧が低い人に起こりやすい症状で、20~30代の女性が特に多いとされています。

最悪突然意識を失い倒れる方もいるので対応と対策は大切です。

体型的には痩せていて筋肉質な方やなで型の方が血圧が低い人が多く、血液が脳に送られている量が足りていない状態になっている事もあります。

最大血圧が100mmhg以下の人が低いとされているので覚えておきましょう。

この状態だと血の巡りが悪いため体のむくみ、体の冷え、体がだるい、胃が荒れる、便秘、食欲不振、頭痛などの症状が現れる事があります。

これらは出やすい症状なので、該当する場合は気をつけましょう。

しかし、先ほどから説明している通りでは血圧が低い人は健康じゃないとされている感じがしますが、実は違い生まれつきの問題でもあります。

低血圧の人の方が長生きしやすいとされているので安心してください。


スポンサードリンク


血圧が低い時の対策


なんとかして血圧が低い状態を改善したいという方に簡単に出来て、改善に役立つ方法があるので今から紹介します。

低い時の対策

水分補給を小まめにする
ストレッチをする
塩分を積極的に摂る
体をお風呂で温める

以上が簡単に出来る対策となります。

人間の血液の80%が水分で出来ているので、水分不足の状態では血圧が低い状態になるのは当然なので1時間に1回は飲みましょう。

寝る前にコップ1杯飲むとかなり効果があります。

ストレッチは首のグルグル回すだけで対策になるのですが、一番良いのは足の血流をよくするのが効果的なので、スクワットなども良いです。

塩分を摂取していれば血圧を上げる事が出来るのでお勧めです。

お風呂に入ると交感神経を刺激する事が出来て、血流を良くする事が出来るため10分程42度のお風呂に入るのが良い対策となります。

コーヒーなどのカフェインにも利尿作用があるので血流が良くなります。

しかし、飲み過ぎると逆効果なので飲み過ぎに注意して、体が冷えている時は靴下やマフラーを着けていると低い時の対策になります。


スポンサードリンク



血圧が低い時の対応


突然血圧が低くなりフラフラしたり倒れこんだ場合は、体を横にして足を心臓の位置より上に上げて血流の流れを良くするのが大切です。

早めに救急車を呼んで、飴などがある場合はそれを食べましょう。

この対応が出来れば基本的には大丈夫なのですが、夏は脱水になりやすい事から血圧が低い状態になりやすいので特に気を付けましょう。

なので水分補給を忘れないように対応するのが大切です。

立ちくらみがしたりフラフラする場合は無理をせずにその場に座るのが良いので、意識がまだあるから動こうとするのは大変危険です。

そのような対応を取ってしまうと意識を失い救急車に運ばれる事もあります。

急に手足が冷たくなったり気分が悪い時は血圧が低い状態に起こる症状なので、このような時は頭を下にして体を温めるのが大切です。

以上で血圧が低い時の対応と対策について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ