納豆の賞味期限は一週間?いつまでに食べればいいのか

納豆にも賞味期限がありますが、いつまでに食べればいいのか分からない人もいるので詳しい詳細を教えたいと思います。


数日や一週間など様々な意見があるのでお勧めの期限を教えます。

まずは納豆の賞味期限はいつまで食べれるのかを説明して、次にお勧めの食べ時を紹介したいと思います。


納豆の賞味期限


この食品は大豆を発酵させて作っていて発酵と腐敗には少し違いがあり、腐敗は腐ると悪臭を放ち人間の食物に適していない悪い成分を含むものとなります。

一方発酵には人間に対する害はなく、有益な効果を残してくれます。

賞味期限が切れた納豆を食べても実際には腹を壊す事はなく平気な事がほとんどで、2週間経過したものを食べても平気な人も普通にいます。

いつまでに食べればいいのかというより味や風味が次第に落ちてきます。

一週間が経過すると匂いが臭くなって風味が悪くなるのが特徴で、2週間が経過するとアンモニアを放ちさらに旨みを奪ってしまいます。

賞味期限が過ぎても食べれますがあまり美味しくはありません。

納豆は冷凍して発行を止めたものをを商品として販売していてますが、発酵が進むたびに美味しさが損なわれていくので早めに食べると良いです。

次におすすめの食べ頃を教えたいと思います。


スポンサードリンク


納豆はいつ食べると美味しいのか


市販で売ってある納豆の賞味期限はなぜ食べられるのにあのような表示なのか疑問に思う方も多いと思いますが実は表示期間は美味しい時期なのです。

そのためあの表示までに食べると美味しくいただけます。

納豆の賞味期限が切れた場合はいつまでに食べるかという統計を取った結果一週間という答えが多く、一週間なら確かにまだ美味しく食べれます。

個人的には一週間なら美味しくいのでお勧めします。

いつまで食べれるのかという点で問題なのは保存方法で、10度以下の場所に保存しなければアンモニアが酷くなり苦味を増して不味くなります。

なので、常に冷蔵庫に入れて保存するのが大切なので忘れないようにします。

納豆は賞味期限が過ぎても永遠に食べれるわけではなく、余りにも匂いが酷い場合や味が変だという場合は避けた方が良いと思います。

ちなみに表面に付着している事がある白い粉は旨み成分なので問題ありません。


スポンサードリンク



納豆のお勧めの食べ方


賞味期限が過ぎて一週間までに納豆を食べたいところなので、お勧めの食べ方を紹介するので是非試してみてください。

まず納豆とキムチを一緒に食べると効能が劇的に高まります。

キムチには乳酸菌が含まれており、これは納豆菌を吸収して増える事から体の脂肪を減らす効果が劇的に高める事が出来るのです。

これをやると便秘を改善して癌の予防にも期待できます。

クックパッドなどでもキムチと納豆で作った料理を紹介しており、ネット上でも結構有名な話なので料理のレシピも沢山あるので作る事をお勧めします。

ちなみに納豆は加熱調理しない方がいいので避けてください。

納豆に含まれているナットウキナーゼは熱に弱い性質を持ち、このキナーゼは高血圧や脂肪を防いでくれる貴重な成分なので熱を通さない料理を食べましょう。

以上で賞味期限がいつまでについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ