納豆の栄養は加熱やひきわりでどう違う!?

日頃からよく食べる納豆ですが、加熱やひきわりだと栄養がどう違ってくるのか気になるので詳しく説明したいと思います。


効果を高める食べ方も教えるので気になる方は見てください。

まずは納豆の栄養が加熱やひきわりでどう影響するのかを説明して、次に効果を高くする事が出来る方法を紹介します。


納豆の栄養は加熱で減少する!?


加熱調理して納豆を食べる場合は「ナットウキナーゼ」という血液をサラサラにして、高血圧や動脈硬化を防ぐ栄養の効果を壊してしまいます。

70℃以上で壊されるとされており、熱いご飯にかけるのも控えた方が良いです。

納豆を加熱調理してオムレツやチャーハンを作る方もいますが、美味しくないとか匂いがキツイなどであまり人気がないので止めた方が良いです。

しかも栄養も落ちてしまうの出来れば控えるべきです。

そもそも納豆を加熱調理するといつもの匂いと違ってさらに臭くなると判明しているため、あの匂いが嫌いな人は止めておいた方が良いです。

しかし、匂いを消してくれる食材と調理すると良いです。

納豆を食べて8時間ほどはナットウキナーゼが腸内で働く事が分かり、この間は効果が継続しているので1日1パック食べると良いです。

そのように栄養を摂取していけば効果が現れます。


スポンサードリンク


納豆の栄養とひきわりの違い


通常の納豆とひきわりでは栄養に違いがあり、通常の方が栄養が多くあるのですがひきわりは食べやすいように作られていて消化に良いです。

あまり噛んで食べない人にはお勧めできるタイプと言えます。

ひきわりは小さく刻まれたタイプなので食物繊維が通常のものより少なく、ポリアミンという動脈硬化を防止する成分が少ないのが特徴です。

これでは通常の納豆の方が栄養があるのですが、長所もあります。

実はひきわりの方がビタミンK2の含有量が多く、この栄養はカルシウム効果を持っているので骨を丈夫にして骨粗しょう症の発症率が下がります。

それ以外に傷の治りや出血を抑える効果があります。

このようにひきわりにも勝っている点もあるので、今まで通り好きな方を食べてもらっても結構ですので継続して食べていきましょう。

次からは栄養を良くする食べ方を教えます。


スポンサードリンク



納豆の栄養と効果を高くする食べ方


この食べ物は高血圧や肥満などの状態を解消する効果があり、イソフラボンという成分で女性らしい体を作る栄養を持っています。

納豆に含まれている亜鉛には抜け毛と育毛効果があるので男性にもお勧めです。

実はナットウキナーゼを増やす方法があり、それはネバネバが大量に出るようによく混ぜる事で、この方法で50回すると美味しいそうです。

しかし、50回以上してもさらに増えていくので好きな所までいきましょう。

ちなみにナットウキナーゼはコレステロールや中性脂肪の吸収を阻害してくれるため、ダイエットに効果がある栄養なのでお勧めします。

摂取して1日間は持続してくれるため2日に1パックで食べると良いです。

納豆の栄養と相性が良いのはキムチなので、これと一緒に食べると体に好影響のため進んで食べていく事をお勧めします。

以上で加熱とひきわりについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ