納豆の栄養の亜鉛とイソフラボンの効果とは

納豆は昔から体にとても良いと言われているので、本当なのかどうか栄養について説明していきたいと思います。


効果的な食べ方も教えるのでこれから食べたい人は見てください。

まずは納豆の栄養である亜鉛とイソフラボンについて説明して、次に効果を高める食べ方を教えたいと思います。


納豆の栄養


大豆から作られている納豆にはイソフラボンが含まれており、この成分は女性ホルモンであるエストロゲンに近い性質を持っています。

この成分は女性の美しさなどを高める効果を持っています。

主に髪にツヤを出す、肌を綺麗にする、骨を丈夫にする、精神が安定する、コレステロールを減少させる、女性らしい体を作るなどの効果があります。

女性は歳を取る度にエストロゲンが減少していきます。

納豆でこの栄養を摂りたいと思っている方は1日1パック食べれば充分摂取する事が出来て、癌の発症や骨粗しょう症などを防ぐ効果があるのでお勧めです。

またアルツハイマー病の予防にもなるので、毎日食べるのが良いです。

納豆の栄養であるイソフラボンはダイエットやカルシウムの摂取にも役立つため美しい体型で痩せたいと考えている人には適しています。

しかし、食べ過ぎは副作用があるので注意しましょう。


スポンサードリンク


納豆の亜鉛で抜け毛がなくなる!?


納豆の栄養に含まれている亜鉛には抜け毛を防止する効果を持ち、通常髪に栄養が届いていない場合次第に頭皮の毛は抜けていきます。

頭皮に送る役割をしてくれているのが亜鉛なので、抜け毛防止になります。

男性の方で禿の防止をするためのサプリでもこの栄養が含まれている事は多く、ストレスや激しい運動で消費されていくので、小まめに摂らなければなりません。

ちなみに白髪を防止する効果をあるので、この悩みも解説できます。

納豆1パックの亜鉛の栄養素は1.9g含まれており、1日2.1mg取れば亜鉛は最低分の摂取する事が可能なので覚えておきましょう。

1日2パック食べなくても牛肉などで取れるので気にしなくても良いです。

それ以外に鶏肉や豚肉またはレバーにも含まれているので、これらを食べる時は納豆を食べなくても亜鉛の栄養素は摂る事が可能です。

これらは継続的に食べると良いのでそのようにしましょう。


スポンサードリンク



納豆の効果的な食べ方


実は納豆の栄養を高めるような食べ方があり、それは納豆についてあるネバネバを増やす事が大切で、これをするとイソフラボンや亜鉛を効率的に摂れます。

さらにナットウキナーゼを増やして高血圧を防ぐ事にも期待出来ます。

200回ほど箸でかき混ぜるのがお勧めで、夜に食べると納豆で摂取した栄養を吸収しやすいため夜に食べる事を心掛けましょう。

熱いご飯に掛けると栄養を落としてしまうためアツアツは控えましょう。

納豆は熱に弱いので加熱調理する事は出来れば避けて、食べる20分前に冷蔵庫から取り出して放置しているとナットウキナーゼを活性化出来ます。

なので食べる前にこれをするのがお勧めです。

賞味期限が一週間を過ぎてからは臭みが増えてあまり美味しくないため、その場合は捨てたほうが良いですが、食べる事は可能なので好きなようにしましょう。

以上で納豆の栄養である亜鉛とイソフラボンについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ