ウォーキングの効果は血圧と自律神経を良くする!?

ウォーキングを行うと血圧と自律神経に良好な効果を持たらせるとされていますが、なぜこのようになるのか説明したいと思います。


またお勧めの動き方も紹介するので実践してみてください。

まずはウォーキングが与える血圧と自律神経の影響について説明して、次に効果的な動き方を解説に入ろうと思います。


ウォーキングによる血圧の変化


高血圧の方がウォーキングをすると下げるどころか、上がると言われる事もありますがこれは歩く事で酸素が通常より多く必要になるからです。

全速力で走ると酸素が多く必要となって、血液の量も増えるため上昇するのです。

この上昇は一時的なものであり、ウォーキングが終了した後は血管が拡大するため血流の流れが良くなるため血圧が下がるのです。

この効果を利用すれば脳卒中や動脈硬化を防げるのですが、問題があります。

それは水分補給を忘れないという事で、よくウォーキングをしているのに健康診断が悪い人などは水分補給が悪かったという方もいるそうです。

せっかく努力してもこれでは報われないので、水は用意しておきましょう。

血圧を低くするためには塩分を控える事も大切なので、アルコールや塩ものは摂取し過ぎないように日頃から気を付けましょう。

一番下に効果的なウォーキングを紹介しているので気になる方は見てください。


スポンサードリンク


ウォーキングと自律神経の関係


健康になるためには自律神経と副交感神経のバランスを取る事が大切なので、ウォーキングで自律神経を活発にすると健康になれます。

バランスを上手く取れれば不眠症や手足の冷えを改善出来ます。

通常自律神経を改善したい場合は夜ウォーキングをするのが良く、夜に行うと気持ちよく寝る事が可能なのでお勧めです。

出来れば夕食が終わった後にするのが効果が高いと言えます。

寝る前にすると自律神経の動きが活発になる事から眠りにくいためお勧めできないので、1時間前にすると良いです。

そうすれば気持ちよく眠る事が可能です。

ウォーキングは自律神経を整えるだけでなく気分を前向きに切り替える効果もあるので、ネガティブな人には特におすすめできる運動です。

お勧めのやり方を説明しているので参考にしてください。。


スポンサードリンク



ウォーキングの効果を高くする方法


これからウォーキングを始めたいという方や血圧を下げたいと思っている人は、始める時は食後から30分後に動いて30分歩き続けるのが良いです。

これは全身にインスリンという成分を送り、糖尿病の予防になります。

ウォーキング効果をさらに上げるためには早歩きにする事が大切で、これをやるかやらないかで全く違ってくるのでお勧めします。

血圧を下げたい人はこちらをやるとかなり効果があります。

しかし、アルコールを摂取したりして血圧が高くなった状態で行うと危険なので、ウォーキングは避けて安静な状態に戻ってから行いましょう。

信号機で止まる時は足踏みをすると良いのでそのようにしましょう。

歩く時は姿勢を正して肩を軽くした状態で歩くのが良く、ウォーキングは3ヵ月続けたら血圧が落ちるとされているので頑張りましょう。

以上で血圧と自律神経について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ