オリーブオイルの効能は血圧とコレステロールを改善する!?

オリーブオイルの効能には血圧を低下させる事が判明していますが、コレステロールを排出させる事にも期待出来ます。


効果的な摂取方法も教えるので気になる方は一番下を見てください。

まずはオリーブオイルの効能がなぜ血圧とコレステロールの改善に繋がるのかを説明して、次に効果的な摂取方法を教えたいと思います。


オリーブオイルと血圧の関係


高血圧の人は脂質の摂り過ぎなどによる理由でコレステロールを必要以上に摂取している事も大きな問題の一つとされています。

これをオリーブオイルの効能が排出させる事で改善に向かいます。

オリーブオイルには「リノール酸」と呼ばれる悪玉コレステロールを排出させて、善玉コレステロールを増やす作用があるのです。

市販で売られているサラダ油などにはリノール酸がとても多く含まれています。

リノール酸は血圧を上げる原因の一つであり、排出する事で高カロリーを抑える事に期待できるため毎日摂取する事がお勧めです。

毎日取れば動脈硬化や脳卒中の発症率を抑える事が出来るため非常に良いです。

しかし、取り過ぎてしまうと高カロリーになってしまうので摂り過ぎないように意識的に摂取する事をお勧めします。

血圧を下げるには生活習慣も大切なので忘れないようにしましょう。


スポンサードリンク


コレステロールを改善する効能


オリーブオイルがコレステロールを改善する効能がある理由は、体内の活性酸素という体を老化したり機能を弱らせるものを排出するからです。

これはオリーブオイルのポリフェノールによるものです。

活性酸素や悪玉コレステロールを排出させる事により、血液の流れを良くして動脈硬化の発症などを抑える事に期待できるのです。

悪玉はサフラワー油や大豆油に多く含まれているので気を付けましょう。

なぜ悪玉コレステロールが体に悪いかと言うと血管にこの悪玉がへばり付いて、血液の流れを悪くする事で最終的に詰まる事が危険なのです。

悪化すると脳卒中などを引き起こす事となります。

脳卒中によって死に至る方はとても多く、これは脳にある血管が詰まり栄養や酸素が送られなくなることで発症する病気なのでコレステロールとの関係は大きいです。

なので日ごろから血圧などには気を付けましょう。


スポンサードリンク



オリーブオイルの効能を良くする方法


効能を大きく生かす方法を取る事によってオリーブオイルの効果を最大限に使う事が出来るので、活かす方法はとても大切です。

そもそもオリーブオイルは消化吸収が余り良くないのです。

なので摂取する時は多めに取る事がお勧めで、サラダ油など料理に使う油をオリーブオイルに代用して使ったりすると改善が早いです。

ドレッシングもこちらに変えると効能を高くする事が出来ます。

毎日朝にスプーン一杯飲むだけでも効果があるので、継続的に続けて摂取する事が一番大切なので忘れないようにしましょう。

トマトと組み合わせると血圧とコレステロールの改善効果が急激に上がります。

高血圧になる人などはアルコールの摂り過ぎや偏った生活なども原因なので、これらを改善するように努めるようにしましょう。

以上で血圧とコレステロールの改善効果について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ