オリーブオイルの効果は糖尿病と便秘を改善する!?

現代の日本人は糖尿病の発症率が急激に高くなっており、オリーブオイルの効果はこの病気を良好にする作用がある事が分かりました。


便秘にも有効なためダイエットがしたい人にもお勧めです。

まずはオリーブオイルの効果がなぜ糖尿病に有効なのか説明して、次に便秘との関係を解説していくのでよく見てください。


オリーブオイルと糖尿病の関係


糖尿病の原因は「インスリン」という食べ物を消化させる成分が不足している事から起こる病気で、暴飲暴食などで食べ過ぎるとインスリンが足りず発症します。

体に負担を掛ける食事や偏った生活でインスリンの分泌が悪くなるのも原因です。

オリーブオイルは腸内にある糖尿病の原因となる悪玉コレステロールを排出させる効果を持ち、心臓病などの発症リスクを減らす事が判明しています。

これはオリーブオイルにある一価不飽和脂肪酸による効果です。

糖尿病を防ぐために日常的に出来る事はサラダ油などを料理に使う油をオリーブオイルに交換する事が有効な方法となるので是非試してみましょう。

ちなみに朝に5gだけ飲むのも健康に良いそうです。

毎日オリーブオイルを摂取している人は血中の脂肪が少なく、糖尿病を上手く抑える事が出来ている人が多かったため有効な事は証明されています。

この事から改善を図りたい人にはとてもお勧めできます。


スポンサードリンク


オリーブオイルは便秘にも効果的


便秘にも良いという噂がありますがこれは正しい情報で、オリーブオイルに含まれている「オレイン酸」と呼ばれるものが関係しています。

この成分は腸を刺激する効果があり、排便を促す作用があります。

オレイン酸は便を出す大腸を柔らかくして便が留まりにくくする効果があり、それ以外に便事態に混ざって柔らかくする作用もあります。

これが便秘を改善するのに適している理由なのですが、問題があります。

それはオリーブオイルに含まれているオレイン酸が腸内に消化吸収するのが難しいという点で、摂取の仕方を考えないといけません。

ちなみに少しづつ取る場合が効果が薄いのでお勧めできません。

オリーブオイルの効果で便秘を改善しようと考えている方は大2を毎日飲むのがお勧めです。

自分の好きな摂取方法で良いので頑張りましょう。


スポンサードリンク



オリーブオイルの効果を高める方法


糖尿病を良くしたいと考えている人はバター、マーガリン、ラードなどを避けるように生活すると改善が早いのでお勧めできます。

それ以外によく噛んで食べると腸の負担を減らせて、体に良いです。

便秘を改善したい方は朝は軽めに摂る事が大切で、朝は便を出す時間帯なのでこの時間に食べ物で排出を邪魔しないのが改善のポイントです。

朝にオリーブオイルを毎日飲むと便通に良いです。

便秘を改善する方や糖尿病の方も出来れば食事を取る時に20~50回噛むのが良いので、たまには噛んで食べるようにしましょう。

これをするとオリーブオイルの効果を生かしやすく出来ます。

オリーブオイルだけ朝取るのではなく水を飲む事も大切なので、こちらも摂取する事を忘れないようにして便を出せるように工夫しましょう。

糖尿病と便秘の改善効果については以上です。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ