納豆の効果は血圧とコレステロールを下げる!?

納豆の効果には血圧とコレステロールを下げる働きがあるとされているので、なぜそのような効果があるのか説明したいと思います。



効果的な食べ方も教えるので是非見てください。

まずは納豆の効果でなぜ血圧とコレステロールが下がるのかを解説して、次に効果的な食べ方を教えたいと思います。


納豆が血圧を改善する理由


納豆は身近にある食べ物ですが、血圧を良くする「ナットウキナーゼ」と呼ばれる成分が血液がドロドロになって出来た血栓を改善してくれます。

血栓が脳に詰まると脳卒中などを引き起こす原因となります。

納豆に血圧の流れを良くする働きがあるのは「レシチン」と呼ばれる成分が悪玉コレステロールを減少させる効果がある事が理由の一つです。

しかし、逆に納豆が血圧を上げるという噂も立っています。

これは納豆の効果によるものではなく市販で売られているものに入っている醤油の塩分によるもので、これには塩分が0.6~0.8ほど含まれています。

1日の塩分摂取量は6%が目安とされているので、なるべく避けたいです。

この事からあまり醤油を使わないようにするか、味噌汁と一緒取るのがお勧めで、味噌汁には一緒に摂取した食べ物の塩分を30~50%カットする効果があります。

「ワーファリン」と呼ばれる薬を高血圧の人は処方される事がありますが、この時は納豆を控えなければ薬の効果が無くなるので控えましょう。


スポンサードリンク


納豆がコレステロールを下げる理由


血圧同様に納豆に含まれているナットウキナーゼがコレステロールを下げる働きがあり、1日2パック毎日食べると中性脂肪が減少したという事も確認されています。

ナットウキナーゼは血液の中の余分なものを取り除く効果があります。

このためダイエット効果に来たが出来て、ナットウキナーゼは摂取しても2日ほど継続して腸で働いてくれるので、2日に1回納豆を食べると良いです。

この方法は血圧を下げる効果も高めるので、覚えておきましょう。

摂取して2日間は中世脂肪やコレステロールの吸収を抑えてくれるので、持続してやると痩せていくので痩せたい人にお勧めできます。

1度に摂取する量は納豆2パック分が良いとされています。

ひきわりタイプより粒タイプの方が効果が高いので、そちらを購入して食べるようにして生活しているとコレステロールの減少に役立ちます。

継続する事が大切なので心掛けておきましょう。


スポンサードリンク



効果的な食べ方


納豆の食べ方次第でコレステロールと血液を下げる効果を上げる事が可能なので、今からその方法を教えます。

一番簡単で確実なのは納豆をキチンと混ぜて粘り気を出す事です。

実はあの粘り気こそがナットウキナーゼの正体で混ぜる事によって、活性化させる事が出来るため確実に働きが上がっていきます。

この成分はムチンの一つで、オクラやれんこんにもムチンを含んでいます。

60℃以上の温度で調理してしまうとこの菌は消滅して、機能しなくなってしまう事から納豆の効果が出てないので注意して料理しましょう。

キムチを混ぜると血圧とコレステロールを下げる効果が高いのでお勧めです。

納豆の効果を高めるためには常温で放置するのがお勧めで、この状態だとナットウキナーゼの働きが強くなるため、食べる直前に冷蔵庫から出して放置しましょう。

以上でコレステロールと血圧の話は終わりです。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ