水疱瘡の予防接種は大人で回数と副作用はどうなる?

水疱瘡の予防接種を大人が受ける場合は回数と副作用ってどう違ってくるのか気になる方は多いと思うので説明したいと思います。


料金がどのくらい掛かるかも御紹介します。

最初に水疱瘡の予防接種を受ける大人に必要な回数と副作用について説明して、次に注射が終わった後の生活について教えます。


大人の水疱瘡の予防接種


子供と違って大人が水疱瘡が発症する可能性は低いのですが、発症してしまったら子供と違ってかなりの重症となるケースが多いです。

1回の予防接種を受けると軽症で済む事が多くなり、完全な予防にはなりません。

水疱瘡のワクチンの回数は子供も大人も変わりはなく、2回打つ事となっているのですが1回でも問題ないのでどちらでも問題ありません。

まず1回打った後、2回目を3ヵ月後に打つのが原則とされています。

1回目だけではそれほど予防の効果は高くないため2回まで打つ事によって、強い抗体を得られる事が出来るので予防接種は最後まで打つ事をお勧めします。

水疱瘡は冬~春に発症しやすいので大人の方は急ぎましょう。

回数を2回きちんと終わった人は10~15年に再度打つとかなり強い免疫力を維持できるため絶対にかかりたくない人は打ちましょう。

料金は1回6000~1万円が相場なので覚えておきましょう。


スポンサードリンク


予防接種の副作用


水疱瘡の予防接種をする際に副作用が出る事もあり、注射から14~30日の間で発症する事のですが、30分後や翌日に出るケースも稀にあります。

副作用は発熱、発疹、咳、顔と手足の腫れ、体の疲労、蕁麻疹などが出ます。

これらの副作用は7%の確率で発症して、予防接種終了後に症状が出た場合は早めにワクチンを打った病院にいく事をお勧めします。

大人が予防接種をする科は内科なので、きちんと覚えておきましょう。

もし水疱瘡が発症してしまった時は内科ではなく皮膚科に行くのが正解で、ワクチンを打ってくるのは内科ですが、治療は皮膚科です。

大人と子供では違ってくるので子供には当てはまりません。

予防接種が終了した際は注射された部分を余り触ったりせずに運動をしないようにして、過ごすと安全なのでそうしましょう。

次は2回目が出来る時をいつも通り待ちましょう。


スポンサードリンク



大人が予防接種を受ける時の危険


水疱瘡の予防接種を受ける人でも禁止されている人は「妊婦」とされていて、妊婦の母体に入っている胎児に影響が出てしまうからです。

それ以外に免疫不全の方や高齢者も注意が必要です。

妊婦が水疱瘡に掛かってしまうと母体にいる赤ちゃんまで危険にさらされる事もありますが、予防接種を受けていなかったので仕方ないです。

もし水疱瘡が発症したら肉を取らないようにしましょう。

それ以外に大人がよく抱えがちなストレスなどがあると悪化しやすいので、嫌いな人や嫌な場所には極力近づかないようにしましょう。

ストレスの中でも一番大きいのは人間関係によるものとされています。

この事から嫌いな人などは特に要注意で、ご飯はネギや生姜などを食べると解熱作用があるため味噌汁などの具に入れましょう。

以上で大人の予防接種の副作用と回数について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ