水疱瘡の予防接種の副作用で翌日に発疹や発熱が出る!?

水疱瘡の予防接種をする場合は副作用が出るって聞いて心配になる人はとても多いのでどのような症状が出るか教えたいと思います。



対処方法も説明するので是非見てください。

まずは水疱瘡の予防接種で出る副作用を説明して、次に発熱や発疹が出た時の対処方法を解説したいと思います。


水疱瘡の予防接種による副作用


ワクチンによる副作用が発症するケースはほとんどなく、予防接種をして1~3週間経過すると発疹や発熱などが現れるようです。

なので翌日に出る事も極めて稀なのですが、そのような事は稀にあります。

それ以外に水疱瘡の予防接種を注射した部位の皮膚が硬くなったり、手足の腫れ、顔色が悪い、咳が出る事もありますがほとんどの副作用が数日で治ります。

ちなみに発疹と発熱は発症率が高く7%の確率とされています。

水疱瘡だけでなく全ての予防接種に言える副作用は注射して、30分以内にアレルギー反応を起こす事もあるので、その場合は急いで病院に連れて行きましょう。

まず副作用が出る事はないので安心しても大丈夫です。

注射した部位は擦ったりせずに翌日まで運動も避けていれば、まず大丈夫なのでこれらの事を守り生活するようにしましょう。

しかし、実際に症状が出た人もいるので注射後は少し様子を見ましょう。


スポンサードリンク


発熱と発疹の対処方法


まず水疱瘡だけでなく副作用でも発熱と発疹が出る事もありますが、どちらの場合でも有効なので是非試してみてください。

発熱と発疹に有効な方法

肉は食べない
お風呂に入らない
シャワーで洗う
少し涼しい格好をする

以上が有効なので是非実践してみてください。

肉を食べると熱を上げてしまうの作用があるため逆効果なので控えて、卵やネギは解熱作用があるのでこちらを食べさせると下げる効果があります。

お風呂は発疹を傷付けないため入らない方が良いです。

シャワーで洗うの体に良く、スポンジで発疹を洗う際もゴシゴシせずなるべく触れないようにして水をちょっと掛けるくらいが効果的です。

カサブタや発疹を傷付けると傷跡として一生残ります。

発熱を下げるためにはなるべく涼しい格好をして、寒気を訴える場合はきちんと服を着させるようにすると良いです。


スポンサードリンク



予防接種の効果


水疱瘡の予防接種で出る副作用が分かったと思いますが、効果が本当にあるのかどうかを次に説明したいと思います。

ワクチンを1回受けただけでは免疫が完璧に付くわけではないようです。

水疱瘡の予防接種は2回受ける事も可能で、1回だけ受けた人はこの病気を軽症で済むケースが増えるというメリットがあるのですが、2回打ったら予防効果が高くなります。

2回目は1回目が終わって3ヵ月が経過してから打つことが可能で、2回目から6~12ヶ月以内に打つ人が多いです。

合計2回済むと水疱瘡を予防する力は強まり、、予防接種1本の料金は5000~1万円とそれほど安いわけではありません。

病院を選んでいけば値段を安く済ませるケースもあります。

水疱瘡の予防接種で副作用が出た場合は注射してもらった病院に行くのが良いので、早めにそちらに戻るようにしましょう。

以上で予防接種の副作用で翌日に発疹と発熱が出るについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ