水疱瘡の予防接種で抗体と免疫が付くのか?効果と費用とは

予防接種を受けると今後水疱瘡が発症しない抗体と免疫を身に付ける事が出来るのか、気になると思うので説明したいと思います。



特に1~4歳の子供は発症しやすいので注意が必要です。

まずは水疱瘡の予防接種に免疫と抗体を上げる効果があるのか説明して、次に発症した時の有効な対応を紹介します。


水疱瘡の予防接種効果


子供の80%が掛かると言われている水疱瘡の予防接種をすれば絶対に発症を防げるわけではなく、一度ワクチンを打ったのに掛かった人もいます。

しかし、二度目の予防接種で確実に免疫と抗体は付きます。

また一度目では免疫と抗体はそれほど付きはしませんが、水疱瘡を軽症で済ませるような効果があるので全く効果がないわけではありません。

2回目は1回目から3ヵ月が経過してから行われます。

合計2回が終了した時にはもう打つ必要性はないのですが、水疱瘡の抗体と免疫が一生付くわけではなく10~15年後にまた無くなっています。

この事から数十年後打つのも良いと思います。

水疱瘡の予防接種に必要な金額は6000~1万とされており、安く済ませたい方は近くにある病院に電話をかけて事前に金額をチェックして安い所を選びましょう。

そうすれば安く済ませる事も可能なのでお勧めです。


スポンサードリンク


予防接種が無料な年齢


実は水疱瘡の予防接種が無料になる年齢があるので、今から説明する事に該当する方は無料なので是非受けて見てください。

予防接種が無料な年齢

1~3歳になるまでの前日の子供
3~5歳になるめでの前日の子供(条件付き)

以上が無料で受ける事が可能な年齢なのでお勧めです。

1歳になるまでの前日である誕生日の子供なら受ける事が可能で、1~3歳の誕生日前なら2回の水疱瘡の予防接種を受けることが出来ます。

しかし、3~5歳の前日の場合は1回までしか無料になりません。

3~5歳の前日の子供には条件が付いており、それは水疱瘡に今まで一度も発症した事が無い事ともう一つは一度も注射を受けていない事が条件となります。

水疱瘡は一度発症すると抗体と免疫が付くので、発症者はあまり必要ないです。

これらの事を覚えておき該当する場合は無料で受けるのも良いですし、子供が嫌がる場合は強制でもないため問題ありません。


スポンサードリンク



水疱瘡の対処法


もし水疱瘡が発症してしまった時は内科の病院に通って、薬を貰って早めに使えば軽症で済む事が多いためお勧めです。

可能であれば2日以内に薬を使うと効果が高いので急ぎましょう。

もう一つ急いでやる事は爪を切って発疹を掻いた時のダメージを減らす事が大切で、これをすると傷後が残りにくくなるのでお勧めです。

お風呂は入らずにシャワーだけで済ませるのが皮膚に良いです。

シャワーやシャンプーも避けて、汚いと思われがちですが水分を当てるだけで体の50%の汚れは落ちるので気にしないようにしましょう。

基本的には水疱瘡で発生した発疹がカサブタになるまで続けます。

また発疹は空気感染で二次感染させる事が出来るため、カサブタとなるまで別室で暮らしたりマスクをすることをお勧めします。

予防接種の免疫と抗体については以上です。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ