水疱瘡の予防接種が無料なのは年齢が5歳まで!?

水疱瘡にかからないために子供に予防接種を無料で受けさせたいけど年齢はどれくらいまで可能なのかなぁという方に詳しく説明したいと思います。



子供の歳で扱いが違ってくるのでよく見てください。

まずは水疱瘡の予防接種が無料で受けられる年齢について説明して、次に効き目などの効果を解説したいと思います。


予防接種が無料な年齢


水疱瘡のワクチンは生後12ヶ月が経過して生後36ヶ月の間に無料で受ける事が出来て、基本的には1歳になる前の誕生日の前日から3歳になる前日までが期間です。

この年齢で受けると2回の予防接種を無料で受ける事が可能です。

一度目のワクチンの後に2度目を3ヵ月の間隔を空けてから注射可能であり、2回終わると水疱瘡の予防接種は終了という事になります。

しかし、3歳~5歳の誕生日の前日の子供は措置が異なります。

3歳が過ぎて5歳が来る誕生日の前日の子供で、今まで水疱瘡の予防接種を一度も受けていない事と一度も発症していない場合は1回のワクチンを無料で受けれます。

2回目は無料にはなりませんが充分節約になると思います。

一度だけの予防接種で水疱瘡が重症化しないようになる効果があるので、受けてみる価値は充分あると思います。


スポンサードリンク


予防接種の効果と費用


水疱瘡の予防接種は5000円~1万円が相場とされており、そこそこ高いのでやはり無料で受けれる年齢の場合は受けた方が良いです。

2度注射するとこの病気の免疫は非常に強いです。。

特に1~4歳の年齢の子供が発症しやすい病気で、春~冬に発症する事が多いためなるべく早く対処を取るべきです。

水疱瘡で出来た発疹は痒みを伴い傷跡を残す所が嫌な所です。

それを防ぐために予防接種は有効で、発疹が体に出来てカサブタになるまでの一週間は他人に移す二次感染能力があるため非常に厄介です。

しかも、同じお風呂に入るだけで皆にうつるので入浴も出来ません。

その様にならないためにも小さな子供をなるべく早めに注射してもらうと良いので、防ぐ事を第一に考えるようにしましょう。

薬はあるのですが、発症する前に有効なものしかありません。


スポンサードリンク



水疱瘡の初期症状


最初の水疱瘡は小さな虫刺され1個2個出て来るのですが、数日すると全身に広がるのでこのようになったら急いで病院に行きましょう。

2日以内だと処方された薬の効果は高いのでお勧めです。

症状としては熱、吐き気、下痢、頭痛などがあるのでそれをチェックして、体が痒くないか聞いてみると分かると思います。

発症した場合は爪を切ると傷跡を残さずに済む可能性が上がります。

お風呂に入れる時は熱や発疹が増えている時は絶対に避けて、通常はシャワーだけを使い石鹸もシャンプーも刺激が強いため止めましょう。

発疹がカサブタになったら入浴はOKです。

お風呂に入る際でもカサブタは剥がさないように丁寧に扱い、スポンジなどでゴシゴシするのは絶対ダメなので覚えておきましょう。

以上で水疱瘡の予防接種の年齢について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ