水疱瘡の予防接種の効き目と必要性とは

水疱瘡の予防接種ってそんなに大事かなぁと思っている方にこの病気の恐ろしさについて説明したいと思います。



ワクチンの効き目と必要性についてもお伝えします。

まずは水疱瘡という病気はどのようなものなのか説明して、次に予防接種の効き目と必要性について解説したいと思います。


水疱瘡の予防接種の必要性


予防接種をする程の必要性があるのかなぁと思う方は多いかもしれませんが、水疱瘡には発疹というブツブツが体全体に発生します。

最初は1個や2程度の虫刺されの様なものですが2,3日で全身に行き渡ります。

赤い発疹には感染力があるので、発疹がカサブタになるまで学校の通学を許可されません。

発疹がカサブタになるまで一週間かかります。

学校に通学許可されない理由は強い二次感染力で、同じお風呂に入ったら確実に感染するので控えたり、うつらないため別室で過ごさせると言われる程です。

なので水疱瘡の予防接種の必要性はとても大きいと言えます。

それ以外に発疹は綺麗に治らないと傷後として一生体に残る事も多いので、やはり予防接種の必要性は充分あると思います。

しかし、免疫が付きにくいという何点もあるので次に説明します。


スポンサードリンク


予防接種の効き目


子供を水疱瘡から守ろうと予防接種を受けさせる大人は多いのですが、絶対に予防出来るというものではありません。

一度ワクチンを受けたのに発症した事が報告されているからです。

水疱瘡の予防接種は完璧に発症を抑えられるわけではいのですが、実際に受けさせた大人の意見ではワクチンのお蔭で軽症で済んだ方もいるようです。

ちなみに2度目の予防接種の効き目は大きいです。

効き目が弱いから水疱瘡の発症を抑えられないわけではなく、元々この病気は子供ならほとんどがかかると言われているほど発症率が高いです。

特に1~4歳の子供はかかる事が多いです。

水疱瘡の予防接種をする際で難点と言える所は今後この病気に対する免疫が付かないという点で、大人になるほど重症化しやすいのです。

逆に子供は軽症で済む事が多いので、発症してもそれ程悪いことではありません。


スポンサードリンク



予防接種の費用


水疱瘡の予防接種にかかる費用は5000円~1万円と言われていて、病院によって費用は違うため事前に調べて選ぶと安く済むことがあります。

予約制のため予約を忘れないように気をつけましょう。

2回目の予防接種は3ヵ月後から受ける事が可能で、水疱瘡に一度も絶対かかりたくないという方は受ける事をお勧めします。

2回目は1回目から6~12ヶ月以内に受ける方が多いです。

妊婦は原則的に受ける事が禁忌されており、妊娠の疑いがある場合もダメなので、事前に妊娠しているか調べる事が大切です。

以上で必要性と効き目について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ