水疱瘡の薬の塗り方とカチリの効果とは

水疱瘡の薬を処方されたけどどうやって塗ればいいか分からないという方はとても多いと思うので疑問を解決したいと思います。



ここでは塗り方とカチリについて説明していきます。

まずは水疱瘡の薬の塗り方を解説して、次にカチリというものがどの様な副作用と効果を持つのか教えたいと思います。


水疱瘡の薬の塗り方


薬には基本的にカチリというものが処方される事が多いのですが、塗り方は水疱瘡で出来た発疹に塗るのが一般的です。

1日に2,3回塗るのが通常ですが、前回の薬は拭き取らなくて良いです。

拭き取ると水疱瘡が悪化して逆効果なのでそれを避けて、綿棒で丁寧に塗るのが一般的な塗り方となります。

この薬は水疱瘡が発生する前に塗って症状を軽く抑える効果を持ちます。

この事からなるべく早く使用する事がお勧めで、72時間以内に対応すると軽症で済む事があるので早めに対応することを心掛けましょう。

発疹が破れてしまったら塗ってもあまり効果がないので気を付けましょう。

敗れた状態の発疹に塗ると逆効果となる成分が入っているのですが、ほとんど副作用がないため気にしないようにすると良いです。

水疱瘡の薬の塗り方は以上です。


スポンサードリンク


カチリの効果とは


この病気の痒みを抑えるためにカチリという薬がありますが、これは痒みや炎症を抑える効果があってアトピーの治療に使われる事があります。

しかし、水疱瘡の発疹に悪い成分も含まれています。

先ほど説明した通りカチリではあまり副作用はないのですが、中には使わなくて良いやという方もいますので気にしなくても問題ありません。

この考え方は間違っていないので好きな方を選んでも良いと思います。

カチリには皮膚に強い刺激を与える成分が含まれているため、最近の病院では処方してこない病院が増えているので問題ありません。

中にはこの薬のせいで傷跡が残ったという人もいるので、どちらでも構いません。

カチリを使用する場面で良い点は水疱瘡が発症して、間もない時などに大きな改善に役立つ薬なのでやはり早めに気づく事が大切です。

なので大人がよく見てあげましょう。


スポンサードリンク



傷跡を残さない方法


カチリなどの薬を使う前に確実に高い効果が期待できるのは、爪を切る事が一番効果的なので必ずやるようにして小まめに気る事を心掛けましょう。

水疱瘡の発疹を傷付けずにするのにはこれが一番良いです。

発疹はカサブタになるまで周りの人間に二次感染させる力があり、同じお風呂に入ると家族にまで移るので気を付けなければなりません。

お風呂に入る際はシャワーで済ませた方が良いです。

熱いお湯に入ると水疱瘡の発疹の痒みを増幅させるためそれを避けて、刺激の強いシャンプーや石鹸も控えた方が良く使う時は低刺激のものを使いましょう。

特にカサブタはうがさないように注意しましょう。

熱や発疹が増え続けている時は確実に避けるようにして、食事は肉を避けてバナナなどのフルーツやキノコ類を食べさせると良いです。

以上で水疱瘡の薬の塗り方とカチリについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ