水疱瘡の薬の副作用とは?いつまで使うのか

水疱瘡が発症した人は早めに薬で対処する事がお勧めなのですが、どんな副作用があるのか分からないと思うので説明したいと思います。



いつまで服用するのかについても解説するので是非見てください。

まずは水疱瘡の薬を使用した際の副作用を紹介して、次にいつまで使い続けるのか詳しく説明したいと思います。


水疱瘡の薬の副作用


基本的に水疱瘡に使われるソビラックスという飲む薬とカチリという塗るものを処方される事が多いです。

カチリは痒みを抑えるものなのですがそれほど副作用はないので安心です。

ソビラックスも副作用はほとんどないのですが、以下の症状が出て来る事も確認されているので是非見てください。

ソビラックスの副作用

吐き気や下痢
頭痛やめまい
発疹の発生
眠気

以上が該当する症状なので是非覚えておきましょう。

きちんと説明された量を服用していると基本的には大丈夫なのですが、高齢者や腎臓が弱い人は特に危険なので注意しましょう。

意識が遠のく感じがすると危険なので病院に行きましょう。

水疱瘡の薬で思い副作用が出る事はまずないのですが、あるとすれば尿に異変があったり意識が無くなったりすることがあるので気をつけましょう。

それ以外に精神に異常が出たり、息苦しさなどがあります。


スポンサードリンク


水疱瘡の薬はいつまで使うの!?


この病気が発症して間もない時は虫刺されの様なものが一つ体に出来ており、それが少しづつ増えていき最終的に体全身に発疹が出来ます。

水疱瘡の薬は抑える薬なので早めに使用するほど効果が高いです。

なので、根本的に治すものではなく痒みなどを抑えるだけで、治療の薬ではないため勘違いしないようにしましょう。

体に出来た発疹は痒みを伴ってしまうのですが、掻くと傷後になってしまいます。

それを抑えるために水疱瘡の薬はあるのですが、痒みなんて平気という人も危険で、寝ている間に掻いてしまうケースは非常に危険です。

いつまで薬を使うかは体に出来た発疹がカサブタになるまでです。

これは水疱瘡が発症して一週間ほどで経過するので、それまで気長に待ちながら発疹を壊さないように安静に生活する事が傷跡を残さない秘訣です。

出来れば水疱瘡には3日以内には気づいて薬を貰うと効果的です。


スポンサードリンク



水疱瘡の過ごし方


いつまで薬を使えば良いのか分かったと思いますが、その他に覚えておかなければならない事があるので説明します。

それはカサブタが治るまで他の人に感染する事です。

水疱瘡の感染力はかなり高いため幼稚園や学校などカサブタになるまで、通学する事を許可されないほど強いのです。

しかもお風呂に入ると家族に感染する可能性も非常に高いです。

お風呂に入る際はシャワーだけで済ませるのが良く、シャンプーも使わない方がいいためカサブタになるまでは待ちましょう。

ちなみにカサブタを傷付けたりするのはいけないので優しくしましょう。

水疱瘡の薬は痒みを抑える効果がありますが、一番確実に効果があるのは爪を切って皮膚のダメージを軽減する事なのでお勧めです。

以上で副作用といつまで使うのかについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ