水疱瘡の薬を飲まない時の飲ませ方と薬の効果とは

水疱瘡に発症した子供が薬を嫌がって飲まない時はどうすれば飲むのか飲ませ方について説明したいと思います。


早めに服用しなければ効果が弱くなるので急いだ方が良いです。

まずは水疱瘡の薬を飲まない時の対処方法を紹介して、次に飲ませ方以外に有効な方法を説明したいと思います。


水疱瘡の薬とは


この病気を治すための薬は痒みを抑えるものや水疱瘡で増える発疹を抑えるものなどがありますが、とにかく早く使う事が効果的です。

一般的には72時間以内に服用すると薬の効き目が良いようです。

そもそもが水疱瘡に処方される薬は治すものではなく痒みなどを抑えて、悪化を防ぎ改善を早くするためのものなのです。

なので早めに発疹に気づき対処する事が有効となります。

発疹は痒みを伴うため子供なら痒くて仕方なくて掻いてしまうので、やはり飲まない場合でも強制的に飲ませるべきだと思います。

しかし、飲ませ方以外にも対処方法はあります。

水疱瘡で出来た発疹を爪などで掻いてしまうと傷後として一生残ってしまうので、それを避けるためにもこれから説明する事を実践しましょう。


スポンサードリンク


薬の飲ませ方


水疱瘡の薬を飲まない子供もいるのですが、基本的には水に薬を溶かせて鼻をつまんだ状態で飲ませるのが良いのですが無理な事もあります。

絶対に飲まなくても問題ないので無理ならやらなくても良いです。

しかし、水疱瘡の発疹が痒くて仕方無いと思うので、その場合はかなりの確率で発疹を掻いて悪化させてしまうため爪を切ると良いです。

これをすると全く違うのでとても良いです。

アトピー患者の中でも爪を切っていない状態なら血が出る程皮膚がダメージを受けていたにも関わらず爪を切ると血が出ない程度にまでダメージを減らせていました。

なので薬を飲まない場合ならこれが一番いい方法です。

それ以外にアイスの中に入れたり、かき氷の中に入れて飲ませるなど様々な方法がありますが、色々試してみると良いです。

将来的に薬を飲まない人になるかもしれないので出来れば飲ませた方が良いです。


スポンサードリンク



水疱瘡の感染を防ぐ方法


この病気は感染させる力がとても強いため別室に移して生活するぐらいの覚悟がないと他の人にまで感染する事があります。

特に水疱瘡が発症した人はお風呂には入らない方が良いです。

お風呂に入ると感染率が飛躍的に上がるためシャワーだけに済ませる方が良いので、そのように対処するようにしましょう。

熱がある時は解熱剤を使う事が一般的とされています。

水疱瘡が発症している時にはバナナなどを食べさせるのが良く、肉を食べさせると熱を上げてしまうので避けるようにしましょう。

出来ればを食べさせると良いので食べさせてください。

食欲がない時に食べさせない方が改善が早くなるので、避けるようにして水分を小まめに取らせると改善に近づけます。

水疱瘡の薬を飲まない時の飲ませ方は以上です。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ