水疱瘡はお風呂で感染する?シャンプーの使い方とは

水疱瘡にかかった人がお風呂に入ると周りの人間まで感染させる事があり、入浴時には通常とは違った方法を取らなければなりません。


ここでは入浴の仕方などを説明したいと思います。

まずは水疱瘡がなぜお風呂で感染するのかを解説して、次にシャンプーの使い方や入浴方法を紹介したいと思います。


水疱瘡の時はお風呂で感染する


この病気が発症した人には発疹が出来ますが、この発疹の液には飛沫空気感染させる力があり、接触するとかなりの確率で移る事になります。

ですので、なるべく接触する事は避ける事が大事です。

お風呂に入れると家族にもうつる危険性があるので、水疱瘡が発症した人の中には入浴しない人が少なくないのが現状です。

入浴と言ってもシャワーを浴びるだけの方が良いと言う医師も多いです。

水疱瘡で出来た発疹は熱を帯びると痒みが増すため、それを避けるためにお風呂に入る際は温度を低めにするのが効果的です。

熱が酷い時や発疹が増えている際は入らない方が良いとされています。

水疱瘡が人に二次感染させる力が無くなるのは発疹がカサブタになるまでとされていて、それまでに一週間かかるとされています。

注意点としてはカサブタを剥がさないように優しく洗うことで、カサブタになって赤い発疹が消えたらお風呂に入っても良いです。


スポンサードリンク


水疱瘡の時シャンプーは使うべき?


お風呂に入らなくてもシャンプーだけは使いたいと考えている方も多いと思いますが、肌の刺激が強いため控えた方が良いです。

確かに頭皮の匂いはきついかもしれませんが将来的に考えると止めるべきです。

なぜなら、水疱瘡で出来た発疹は丁寧に治していかなければ傷跡として残る事もあるためやはり刺激の強いシャンプー避けるべきだと思います。

頭皮の匂いを弱めたい場合は冷風ドライヤーを掛けると良いです。

こうすると髪で覆われて匂いが充満している状態から風で少しマシになり、匂いの原因である汗を乾かして和らげることが可能です。

お風呂に入る時に使う石鹸も使わない方が無難です。

水疱瘡は治らないければ小学校や幼稚園などに通学出来ないため清潔にするよりも治す事を優先するのが正解だと言えます。

なのでシャンプーは控えた方が良いと思います。


スポンサードリンク



水疱瘡の対処法


この病気にかかると微熱や痒みが出る事がありますが、微熱が出たら解熱剤を使い落とすのが一般的で、肉を食べないようにすると良いです。

肉は熱を上げる作用があるため控えるべきなのです。

痒みは医師に薬を処方してもらうと抑えてくれるものが手に入り、手の爪を切って清潔にしていると発疹のダメージを小さくすることが可能です。

まずはこの2点をすると水疱瘡に良いですよ。

2日以内に薬を使用すると軽症で治す事が出来るため、感染する力もある程度抑える事が出来るので早めに対処しましょう。

感染を避けるためには別室に感染者を移すのが効果的です。

シャンプーをどうしても使いたい人は低刺激の物を使うのがお勧めで、普通に水洗いするだけでもある程度落とせれるので良いですよ。

以上で水疱瘡がお風呂で感染する期間とシャンプーについては以上です。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ