水疱瘡はお風呂でうつる?いつから入浴出来るのか

水疱瘡が発症すると実はお風呂でうつる事があると聞いた事ある人は本当なのだろうか?と疑問に思う方がいると思います。



その疑問と対処方法を教えるのでよく見てください。

まずは水疱瘡はお風呂で本当にうつるのか症状を説明して、次に症状に効果的な対処方法について解説します。


水疱瘡はお風呂でうつるのか!?


この病気は空気感染するほど感染する力が強く、お風呂に一緒に入るとほとんどの確率でうつるので絶対に避けるようにしましょう。

空気感染は別居を進められるほど強いので、マスクを着用しましょう。

水疱瘡が発症している人は熱や発疹が酷い場合ですとお風呂に入る事は控えた方が良いので覚えておきましょう。

特に熱いお風呂に入ると痒みが増すので温度は低めにするのが良いです。

ヤフー知恵袋の一部の意見ではお風呂に入らずシャワーだけで済ませる方が良いという意見もあるので参考にするようにしましょう。

感染期間は主に一週間程度とされています。

発疹がカサブタになると感染する力が無くなるので、それまで安静にしてカサブタが出来るように痒みを抑える薬を使い治すのが治療法です。

感染する力がある場合は登園許可されないので気をつけましょう。


スポンサードリンク


水疱瘡のお風呂の入り方


いつから入浴出来るのか分かったと思うので、次に水疱瘡が発症した時のお風呂の入り方を説明していきたいと思います。

まず水疱瘡の発疹を掻くばかりしていると傷後が残ってしまいます。

お風呂に入る時はゴシゴシ洗うと発疹の部分が傷になってしまうので、優しく洗うのがコツとなってくるので覚えておきましょう。

石鹸も刺激の少ない無添加を使うと皮膚に優しいです。

ちなみに医師が言うには水疱瘡が発症してしまうと発疹がカサブタになるまで、お風呂に入らない方が良いと言う人も多いので入浴はどちらでも構いません。

しかし、お風呂でカサブタが取れる場合は入らない方が良いです。

水疱瘡が治るまでにやる対処方法は爪を切る事が一番簡単で有効なので、そうするようにすると皮膚のダメージが弱まるのでお勧めです。


スポンサードリンク



水疱瘡の治療法


治療をする際は薬を使う療法が一般的とされていて、薬で発熱や発疹を抑えてカサブタに早めにして感染する力を無くすのが治療法です。

発症から2日以内なら効果がとても高いです。

効果が早い場合ならかさぶたになる過程が早くなるので、感染する力を奪うにはとても有効なので早めに対応する事が良いです。

しかし、通常の薬局などには売っていないので注意しましょう。

この薬を処方されるには医師からの診察が条件なので、まずは診察しに行くことが前提となるのでやはり病院に早めに行きましょう。

熱が高い時は解熱剤を使うことが有効なので覚えておきましょう。

水疱瘡はお風呂以外で空気感染してうつるので、部屋を隔離したりマスクを装着していると感染率を下げる事が出来るのでお勧めです。

以上でお風呂はいつからは入れるのかについて終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ