水疱瘡の症状は子供なら軽い!?対処法とは

子供は水疱瘡にほとんどの子がかかると言われますが、症状は軽い事が多いのですが注意しなければならない事もあります。



ここでは前兆や対処方法などについて説明します。

まずは子供の水疱瘡が大人とどう違うか解説して、次に症状と対処方法などを説明するので是非見てください。


子供の水疱瘡は軽い!?


水疱瘡が発症しやすい年齢は10歳までとされていて、特に1~4歳の子供は発症しやすいのですが、軽い場合がとても多いです。

なのでその辺は余り心配する必要はありません。

しかし、ほとんどの子供がいつか水疱瘡を発症するので、未だ発症してないなくても今後発症する可能性は大きいと言えます。

そもそも子供の時に発症した方が将来的には良いです。

なぜなら幼い時にかかれば症状が軽いので、発熱や発疹もそれほど酷くはない症状で終わるのですが、大人は重症になる事がとても多いです。

大人なら体に傷後が残る事もあるくらい症状が酷いです。

なので、子供が水疱瘡にかかると可愛そうと思うかもしれませんが、どちらかというと運が良いので安心してください。

もし子供が熱を出していたらバナナなどを食べさせると効果的なので、なるべくお粥などの優しいものを食べさせましょう。


スポンサードリンク


水疱瘡の症状


子供は自分が水疱瘡が発症しているか分からない子もいるので、今から症状を説明するので親がしっかり見てあげましょう。

水疱瘡の症状

軽い頭痛
水ぶくれ
食欲低下
37度程の微熱

以上が発症するので是非ともチェックしてください。

特徴的なのは全身に出る小さなサイズの赤い発疹「紅班」や盛り上がった感じの丘疹などそれ以外に水膨れの様な透明な液を含んでいる水泡があります。

これらが特徴的で、最初は1個や2個程なのですが次第に増えます。

1日でかなり発疹は広がり、感染する病気なので症状が軽い子供でも学校通学を禁止されているので覚えておきましょう。

最終的にはカサブタとなり、自然と治っていきます。

それまでに掛かる時間は一週間程とされており、ここまでくると感染する事もなくなるため学校に通学する事が可能になるのです。

医師に許可をもらわなければならいので注意しましょう。


スポンサードリンク



水疱瘡の対処方法


まず子供が水疱瘡を発症したけど症状が軽いから病院に行かなくてもいいやという考え方は良くないのでなるべく早くいきましょう。

症状が出て2日以内なら有効な薬などもあるので、早めの対処は大切です。

水疱瘡で出来た発疹は痒みを伴うためそれを抑える薬を処方してくれるので、早めに貰ってカサブタにすると早く治ります。

空気感染するので別居したりすると有効で、子供と話がしたい時はマスクをしてなるべく近づかないようにすると感染を防ぐ可能性が高くなります。

72時間以内に対処すると軽い状態で治るので覚えておきましょう。

子供が熱を出している時は水分を小まめに取らせると回復が早いので、なるべく飲ませるようにして栄養があるものを食べさせてください。

肉を食べさせると熱が上がるので避けるようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ