じゃがいもを栽培した時の保存方法について!

じゃがいもを栽培したまでは良いけど採った時にどんな保存方法をすればいいのか分からないという方に詳しく説明したいと思います。

それほど難しくないので気軽に見てください。

まずはじゃがいもを栽培した後の保存方法を説明して、次に収穫時期も関係しているのでそちらの注意点を解説します。


じゃがいもを栽培した時の保存方法


まずじゃがいもには「ソラニン」という人体に悪影響を及ぼす毒を持つのですが、これは温度が高ければ発生しやすいので熱い所で保存するのはダメです。

5~10℃の場所で日に当たらない場所に置くのがベストです。

じゃがいもを保存するにはダンボールなどを用意して、内側全体を新聞紙で覆った後に入れて保管するのがお勧めです。

光に弱いので最後は上から新聞紙を被せましょう。

隙間から光が入る事もあるので、しっかりと新聞紙を内側に覆うのがポイントでこの様にすれば保存は完了です。

ダンボールにじゃがいもを詰め過ぎると下にあるものが痛むので止めましょう。

保存をする理由はソラニンを防ぐためと説明しましたが、これは緑色の皮や芽に含まれている成分などで緑色の皮と芽は調理する時取り除きましょう。

厚めに削ぐと成分を完璧に取り除けるのでお勧めです。


スポンサードリンク


じゃがいもを保存する注意点


実はじゃがいもが濡れてしまった状態や湿った状態で保存するとカビが生えたりして、腐ってしまうので注意が必要です。

特に梅雨に入る前に収穫する事が基本なので梅雨には気をつけましょう。

晴れが続く時にじゃがいもは採るのが基本で、土から掘り出した後は日が当たらない影がある場所で乾かして保存しましょう。

両面をキチンと乾かさないといけないので時々裏返したりしましょう。

じゃがいもに付着していた土が両面乾燥していると保存しても良い状態になるので、この状態でダンボールに入れましょう。

じゃがいもは日光に当てるとソラニンが分泌されるので日光は避けます。

収穫時は傷が付かないように丁寧に採る事をお勧めで、傷が付いてしまうと保存しても余り長く持たないので直ぐに食べましょう。

摂る時はじゃがいもに付いてる土は落とさない方が良く、丁寧に落としていっても逆効果なので美味しく食べるためにも放置しましょう。


スポンサードリンク



じゃがいもの危険を避ける方法


稀に皮を削いでも緑色のじゃがいもがありますが、これはソラニンの塊みたいなものなので食べると死に至る危険性があります。

なので緑色の物があればすぐに捨てましょう。

摂取してから30分~半日で下痢、嘔吐、頭痛、胃腸炎などの症状が出るのですが、治す薬はないので特に気を付けましょう。

この事からどれだけじゃがいもを栽培して保存する事が大切か分かると思います。

栽培が終わった時に保存をする際はダンボールが無い場合はビニール袋の中を新聞紙で覆った物に入れると保存が可能です。

冷蔵庫に入れて貯蔵する方法もあるので気になる方は見てください。

ちなみに4~5℃の温度で保存するとデンプンが糖化して糖分が増すためじゃがいもの甘味が上がるので美味しいですよ。

それでは頑張って栽培しましょう。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ