トマトジュースで肌が黄色になる?飲みすぎの危険について!

トマトジュースを飲んで綺麗な色白になろうとする女性はとても多いですが、実は飲み過ぎると肌が黄色になってしまうのです。



ここではその詳細について、詳しく説明していきます。

まずはトマトジュースで肌が黄色になる理由について説明して、次に上手く避ける方法を紹介したいと思います。


トマトジュースで肌が黄色になる理由


この飲み物を摂取すると肌が白くなる理由は「リコピン」という成分が含まれていて、メラニン色素、活性酸素などの成分を取り除く事が出来るからです。

メラニン色素は紫外線で皮膚に発生する成分で肌を黒くします。

女性の方はそれを避けるためにトマトジュースを飲むのですが、飲み過ぎると副作用が出て柑皮症(かんぴしょう)という症状が皮膚に現れ肌を黄色にします。

これはトマトジュースに含まれているカロテノイド色素によるものです。

この成分が肌に沈着して発症する病気で、毎日900ml摂取した場合発症する危険性があるのでこれ以上は摂取しないようにしましょう。

特に皮膚が厚い手のひらや足の裏が黄色くなる可能性が高いです。

摂取量がかなり多いと肌の全身が黄色くなるので、肌が黄色いのは嫌だという人はトマトジュースを飲み過ぎる事を避けましょう。

そうすれば発症する事はありません。


スポンサードリンク


トマトジュース以外で肌を黄色くするもの


実はトマトジュース以外でも肌を黄色にする食べ物があるので、これらの摂取のし過ぎにも気をつけましょう。

肌を黄色にする食べ物

ほうれん草、スイカ、柿、アプリコット
ブロッコリー、パパイヤ、わかめ、ひじき
人参、スイカ、マンゴー、モロヘイヤ、
イクラ、昆布、イクラ、蟹

以上が肌を黄色にするので食べ過ぎに注意しましょう。

トマトジュースはシミ、シワ、たるみ、肌の荒れ、ニキビ、ソバカスなどの肌に関する悩みにかなり有効なのですが、取り過ぎれば効果が大きいとも限りません。

研究者が言うには1日150ml飲めば良いそうです。

なので取り過ぎればその分効果が高いと言う訳でもないので、この量を目安に毎日コツコツトマトジュースを飲むのがお勧めです。

肌を白くするのに黄色にしてしまったら元も子もありません。

上記に該当するものは現在の日本の食卓にそれ程多く出る食材でもないので、基本的に問題ないのであまり気にしなくても良いです。


スポンサードリンク



肌を早く白くする方法


トマトジュースを飲む人は肌を白くしたい人や健康になりたい人など様々ですが実はリコピンの吸収率を何倍にもする方法があります。

それはオリーブオイルを同時に摂取する事です。

オリーブオイルとトマトジュースを同時に摂取するとリコピンの吸収率が飛躍的に上がり、5gのオリーブオイルで1.5倍の吸収率になります。

20gで4倍以上に跳ね上がるので肌を白くしたい人にはお勧めです。

夏は紫外線が強いためこのような時にトマトジュースを飲むと肌を黒くせずに済み、リコピンは黒い日傘をさしている程の効果があるそうです。

なので外を歩く時は飲んでから外出しましょう。

トマトジュースは夜寝る前に飲むと吸収率が良いため出来れば寝る前に飲むのが良いのですが、無理な人は決まった時間に毎日飲みましょう。

以上で肌が黄色になる理由について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ