トマトジュースの効果は肝臓と血糖値を正常にする!?

身近にあるトマトジュースは肝臓に好影響を及ぼし、血糖値を正常にする効果があるので進んで摂取していきたい飲み物です。


なぜその様な作用が出るのか詳細を説明したいと思います。

まずはトマトジュースの効果が肝臓に与える影響を解説して、なぜ血糖値を正常値に戻す作用があるのか説明しようと思います。


トマトジュースと肝臓の関係


肝臓が悪い人には嬉しいお知らせでトマトジュースの中には「リコピン」が含まれており、抗酸化成分によって、活性酸素を取り除いてくれます。

活性酸素は老化を進めたり体の機能を弱らせたりする作用があります。

なので肝臓を悪くする原因を取り除く事が出来て、もう一つ良い効果があり、それはリコピンが肝臓の負担を小さくしてくれることです。

これは食事で摂取した活性酸素をリコピンが取り除いて負担を防ぐからです。

そしてトマトジュースには「13-oxo-oda」という成分が発見され、この成分は京都大学の研究で血液や肝臓などから中性脂肪を減少させる事が判明しました。

それだけでなくアルコールやアセトアルデビドの分解を手助けします。

つまり本来なら肝臓に負担が大きく掛かる部分をトマトジュースの効果により、その大きな負担を小さく変えてくれるのです。

なので食事と一緒に摂取すると体に良いです。


スポンサードリンク


血糖値を正常にする作用


トマトジュースが血糖値を正常にする効果はやはりリコピンによるもので、含まれている抗酸化作用が正常にしてくれるようです。

動脈硬化を防ぐため脳卒中や癌を予防してくれます。

また血糖値が高いと通常糖尿病の発症リスクが高まりますが、原因であるブドウ糖を抑えてくれるインスリンの働きをトマトジュースは良くしてくれます。

なので食事を摂取する際は一緒に取ると効果的です。

血糖値が高くなる原因はストレス、偏った食生活、アルコールの過剰摂取、不規則な生活が該当するので以上の事は避けるようにしましょう。

これらを止めてトマトジュースを飲んでいれば体は健康になれます。

ダイエット効果もあり、体にある余分な成分を取り除いてくれるため血糖値意外にも様々な面で好影響をもたらせてくれます。

血糖値を高くする原因の一つは塩分の摂り過ぎで、それをトマトジュースに含まれている「カリウム」が体外に流してくれるので効果があるのです。


スポンサードリンク



トマトジュースの飲み方


血糖値を下げるためにトマトジュースを飲むのに高血圧に上げてしまう塩分は控えたいところで、塩分が入っていないものを市販で選ぶ事をお勧めします。

最近は塩分が入ったものが売られているので注意しましょう。

オリーブオイルなどと一緒に摂取するとリコピンの吸収率が高くなるのでお勧めなので、なるべく同時に摂取する事を心掛けましょう。

特に寝る前にトマトジュースを飲むと吸収率が良いですよ。

オリーブオイルはコレステロールなどを排出してくれるため血糖値を下げる効果があるのでやはり一緒に摂取するのが有効です。

普通にトマトを食べれるよりもジュースの方がリコピンの吸収率が良いです。

この事から普通にトマトを噛んで食べるよりかはジュースにして飲む方が簡単ですし効果も高いのでお勧めします。

以上で肝臓と血糖値について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ