プール熱の大人は頭痛や微熱が出る!?治療方法とは

熱い夏の時期が来るとプール熱を発症する大人が多くなりますが、頭痛や微熱など様々な症状が出るため詳細を説明します。


また治療法や対策を紹介するので、元気がない方は見てください。

最初にプール熱が発症した大人の頭痛や微熱以外の症状について説明して、次に治療方法や対策について詳細を解説します。


プール熱の症状


大人の方でプール熱が発症する人は、二次感染によって発症する事が多く、元々はプールに入る機会がある子供にアデノウイルスが侵入して症状が出ます。

そのため子供の患者がほとんどで、大人の方は軽症で済む事が多いです。

プール熱の潜伏期間は3~5日とされており、この期間が経過すると発症して頭痛や微熱などの症状を伴うので、その他の症状も紹介します。

プール熱の症状

目が赤く充血する
喉の激しい痛みや腫れ
38度以上の微熱
頭痛や気分の悪さ
下痢や嘔吐
咳や鼻水

以上がプール熱が発症した人に現れる症状となります。

最初に目が充血して、次に喉の痛みが現れるという順番があるようなので、それを目安にしているとプール熱か、分かりやすいと思います。

大人の方は喉の痛みや腫れが出やすいので、分かりやすい面もあります。

頭痛や微熱などの症状は発症から一週間で治る事が多く、回復しても2週間は二次感染させる力があるため、なるべく人との接触は避けた方が良いです。

感染は咳や鼻水の飛沫感染や手の触れ合いによる接触感染です。


スポンサードリンク


プール熱を対策する方法


大人の方でプール熱に掛かりたくない人は、手洗いとうがいを毎日する事が大切で、お茶でうがいをすると予防効果がとても高いです。

基本的にこの二つで充分ですが、マスクをしていればさらに良いです。

ちなみにお風呂やタオルの共同使用も感染対象になるため、プール熱の子供を最後に入れて最初に大人が入ると効果的で、タオルは別々にしましょう。

お風呂は一番熱い温度にしたシャワーで除菌をして掃除をしましょう。

プール熱になった大人で微熱がある人は、涼しい格好をするのが良いのですが、寒気がする場合は温かい格好で生活する事がおすすめです。

また頭痛がある時は暗い部屋で寝ると効果的です。

プール熱の症状で下痢や嘔吐が出る場合は、食事を摂取するのを避けて、水分不足になりがちなので、水分補給に励むのが良いでしょう。

その他に気分が悪い時も無理をせずに摂取は控えましょう。

仕事をしている大人の方は職場の人にプール熱を移す事があるので、マスクを着用して仕事をするのが効果的で、手袋をするとさらに良いです。

無理な場合は手洗いとうがいを頻繁にするようにしましょう。


スポンサードリンク



プール熱を治す方法


今から疲れている大人の方にも簡単に出来る、プール熱の治療法を紹介するので、出来る範囲で行い早めに治す事をおすすめします。

プール熱を治す方法

水分補給を頻繁に行う
生姜湯を飲む
睡眠時間をしっかり取る
リンゴやバナナを食べる

以上がプール熱を治すのに有効な方法となります。

水分補給は1時間1回の頻度で行う事がおすすめで、これは血流の流れを良くして頭痛を改善する事にも有効で、免疫力を上げて回復を早くしてくれます。

また生姜湯は微熱にも有効なので、生姜を買って作るのが良いです。

生姜湯の作り方は生姜のすりおろし小1に熱湯100㏄を注ぎ完成で、これを朝と晩毎日飲むと体が温まり、プール熱に有効です。

また疲れている大人の方にも良いので、疲労が溜まった時におすすめです。

プール熱で頭痛が続く時は冷たい飲み物を避けて、温かい飲み物を飲む事が有効なので、ココアを飲んでしっかり寝ると治る事があります。

ココアは睡眠の質を上げるので、大人の方に特にお勧めできます。

またプール熱の微熱が続く方はリンゴやバナナを食べると有効で、これらは
解熱作用により、微熱を改善するので摂取しましょう。

以上でプール熱の大人と頭痛や微熱について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ