プール熱の大人は仕事で会社に出勤しても良い?治療方法とは

夏はプール熱に掛かる大人が増えますが、仕事の用事で会社に出勤しなければならない方は、不安になると思います。


ここでは治療方法や対策方法を教えるので、是非見てください。

最初にプール熱が発症した大人は、仕事のために会社に出勤してもいいのか説明して、次に対策と治療方法を公開していきます。


プール熱の症状


猛暑になると暇な子供はプールに入る子が多いですが、その時にアデノウイルスが付着して、3~5日間の潜伏期間が経過して症状が出ます。

症状は大人の方でも一週間は続くので、注意が必要です。

今からプール熱が発症した時に出るし症状を紹介するので、自分が発症しているかどうか確認すると良いでしょう。

プール熱の症状

目が結膜炎になる
喉の激しい痛みや赤い腫れ
38度以上の微熱が続く
嘔吐や下痢が出る
体の小さな発疹

以上がプール熱の症状となります。

大人の方は二次感染によって移る事が多いようです。

子供の場合はプール熱の症状が回復して2日間は学校に通学出来ませんが、大人の方は仕事のために会社に出勤出来るので、問題ありません。

しかし、会社に出勤して、仕事の仲間に移す事もあるので、注意が必要です。

また大人の方がプール熱になると喉の痛みが出やすく、子供に比べて軽症で治るケースもあるので、そこは問題ありません。


スポンサードリンク


プール熱の対策方法


大人の方は子供による二次感染によって、プール熱がうつるとされていますが、この二次感染期間は症状が回復して2週間とされています。

その間は会社に出勤して仕事をしている際は、マスクをした方が良いでしょう。

プール熱が大人に移る理由は、手の接触による接触感染で、これを防げる対策をすると防ぐ事は可能です。

感染した子供がいても、体を触るのは良くないので注意が必要です。

元々プール熱は手洗いとうがいで予防する事が可能なので、発症している大人の方は移さないためにも積極的に行いましょう。

また気分が悪い時は無理をして、会社に出勤せず仕事を休みましょう。

タオルやお風呂などを共同で使う場合も二次感染する事があるため、タオルは別々の物を用意して、お風呂はプール熱の発症者を最後に入れると良いです。

大人の方はお風呂に熱いシャワーを掛けて、消毒する事が有効です。

またプール熱が発症した子供と話をする際はマスクを着用して、同じ空間でも移る事があるため、なるべく別室に移して生活した方が良いでしょう。

下痢や嘔吐の症状がある大人は、食事を取らない方が体に優しいです。


スポンサードリンク



プール熱の治療方法


大人の方は会社に出勤して仕事をする方が多いので、やはりプール熱を早めに治した方が良いと思うので、有効な方法を紹介します。

プール熱の治療方法

水分を小まめに摂取する
睡眠の3時間前に食べ物を食べない
7時間以上寝る

以上がプール熱の治療方法となるので、参考にしてください。

水分を小まめに飲む効果は免疫力を上げて、下痢や嘔吐の症状で水分不足になっている時にも有効なので、プール熱を治すにはとても良いです。

また睡眠は7時間以上取ると免疫力が上がっておすすめです。

睡眠の3時間前に食べ物を食べてしまうと、消化の方に負担が掛かってしまいます。

結果的に脳や臓器は睡眠中なのに体を休められず、免疫力が下がるので、睡眠の3時間前に食べ物を食べない事が大切です。

以上で大人のプール熱と会社の出勤と仕事について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ