プール熱の大人の治療期間と治す方法とは

夏はとても暑いので、プールに入る子供がとても多くなってきますが、アデノウイルスによってプール熱が発症して、大人にうつる事があります。


ここでは治療期間や治す方法を紹介するので、気になる方は見てください。

最初にプール熱にかかった大人の症状について説明して、次に治療期間や治す方法を紹介するので、早めに改善したい人は見てください。


プール熱の症状


実はプール熱が発症する人のほとんどが5歳未満の子供とされており、大人はとても少なく軽症で済む事が多いのですが、子供による二次感染で移ります。

また軟弱な体の人や高齢者は大人でも重症化しやすいので、危険です。

今からプール熱が発症した人に出る症状を紹介するので、自分がこの病気にかかっている疑いがある人は、確認してもらうと判別できます。

プール熱の症状

目が赤く腫れる
喉の激しい痛みや赤い腫れ
体に出来る小さな発疹
38度以上の微熱
下痢や嘔吐

以上がプール熱が発症した時に出る症状となります。

この病気が発症する前に出る症状には順番があり、目の充血、激しいの喉の痛み、微熱とこのような順に体に異常が現れていきます。

大人の方は喉の痛みが出やすいので、それを目安にしましょう。

プール熱で目が充血する事が多いのは、アデノウイルスが付着した手で目を擦る事で、発症する事があるので、プールから出たらすぐに手洗いをします。

基本的には手洗いとうがいで予防する事が出来ます。


スポンサードリンク


プール熱の治療期間


アデノウイルスが体内に侵入して、3~5日間の潜伏期間を得て、プール熱は発症するのが特徴で、症状は一週間ほどで回復していきます。

症状が回復しても2週間は二次感染期間なので、注意が必要です。

治療が終わっても厄介なのはやはり感染力で、主な感染源は咳や鼻水などの飛沫感染と手による接触などでうつるので、2週間の期間は気を付けましょう。

プール熱の元凶であるアデノウイルスはお風呂やタオルで移る事もあります。

例えば最初にプール熱が発症している人を入れると後の人が感染したり、タオルを共同で使うと移る事もあるので、治療期間中は想像以上に危険です。

感染していない大人の方は最初に入る事で、移らずに済みます。

タオルは使い捨てが有効なので、出来ればそうしましょう。

プール熱が発症した大人の方で、下痢や嘔吐の症状がある人はコーヒーやお酒は控えるのがおすすめで、食欲がない時は食事を取らない方が良いです。

また気持ちの悪い時に食べても逆効果なので、注意しましょう。


スポンサードリンク



プール熱の治療方法


今から面倒な事をせずにプール熱を治療する方法を紹介するので、忙しい大人の方にも出来る方法を紹介するので、実践してみてください。

プール熱の治療方法

惣菜やインスタント麺を避ける
冷たい物を避けて温かい飲み物を飲む
睡眠は1日7時間取る
卵を積極的に摂取する

以上がプール熱を治すのに有効な方法となります。

惣菜やインスタント麺は油が大量に入っており、これらは熱を上げてしまうので、症状を悪化させるため治療期間中は避けた方が良いでしょう。

ちなみに肉やファーストフードも止めた方が良いです。

紅茶も喉の痛みや腫れを治すのに有効なので、二つ摂取すると有効です。

また治療期間中に冷たいものを飲むと喉に負担を掛けるため、温かい飲み物を飲み、睡眠は1日7時間取るのが理想なので、近づけるようにしましょう。

また卵は栄養豊富なので、プール熱の時に食べるのがおすすめです。

以上でプール熱が発症した時の治療期間について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ