プール熱は大人も下痢でうつる!?予防と治療方法とは

プール熱は子供に発症する事が多い病気ですが、大人にもうつる事があるので、詳細について説明したいと思います。

また下痢や嘔吐で感染する事があるので、予防法を紹介します。

最初にプール熱の症状と感染経路について説明して、次に下痢などの二次感染を予防する方法を解説していきます。


プール熱の症状


暑い夏が来ると子供はプールに入ってきますが、その際にアデノウイルスが体に付着する事で、3~5日の潜伏期間を通してプール熱が発症します。

統計では80%の患者が5歳未満の子供とされており、大人の方は少ないです。

また大人の方がプール熱を発症しても軽症で済むケースが多く、重症化しやすいのは生まれつき病弱な人や高齢者の方とされています。

今からプール熱の症状を紹介するので、自分が発症しているか確認してください。

プール熱の症状

目が充血する
喉の激しい痛みと腫れ
38度以上の高熱
下痢や嘔吐
小さな発疹

以上がプール熱が発症した時の症状となります。

最初に現れる症状は目の充血とされていて、次に喉の激しい痛みが出て、最後に高熱が出るのが特徴なので、見極める時にチェックすると良いです。

大人の方は喉の痛みが出やすいので、ここに注目すると良いです。

プール熱は発症してから一週間後には治る事が多いですが、治っても2週間は二次感染させて、周りの人にうつる事もあります。

うつる原因は咳や下痢などの飛沫感染や手による接触感染です。


スポンサードリンク


プール熱が大人にうつる原因とは


元々大人の方はプールに入る機会が少ないため、プール熱が発症するイメージがあまりないのですが、実は子供による二次感染によりうつる事があります。

また下痢は空気でウイルスが飛びうつるので、早めの対処が必要です。

基本的に自分の子供がプール熱を発症した時は、手洗いとうがいで二次感染を阻止する効果はあるのですが、マスクをしていたらさらに予防出来ます。

お風呂やタオルなどの共同で使うとうつる事もあるので、お風呂は患者を最後に入れて、タオルは別々に使うのが有効です。

子供が下痢をした時もうつる事があるので、処理も工夫が必要です。

また嘔吐物の場合は手袋とマスクをして、汚物にアルコールをして拭き取り、全て袋の中に入れて捨てるのが良いです。

プール熱になってしまった子供で、下痢や嘔吐の症状がある場合は、食事を強制的に食べさせるのは良くないので、大人の方はきちんと見てください。

また気持ち悪そうにしている場合も避けた方が良いと思います。


スポンサードリンク



プール熱の治療法


今から仕事や育児で忙しい大人の方にも出来る治療法を紹介するので、早く治したい人は是非とも行ってください。

プール熱の治療法

コーヒーやお酒は控える
睡眠をしっかり取る
コンビニ弁当や惣菜は避ける

以上がプール熱を治すのに効果的なのでおすすめします。

また下痢の症状ある時は腸内を荒らす、コーヒーやお酒は避けた方が良いです。

プール熱が発症している方は出来れば1日7時間寝るのが良いのですが、忙しい大人の方は難しいかもしれませんが、充分に寝れば免疫力が上がりおすすめです。

コンビニや惣菜などは体に良くないので、控えましょう。

以上でプール熱と下痢でうつるについて終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ