プール熱の大人は目が結膜炎になる!?対策と治療法とは

夏の時期はプール熱を発症する大人が増えますが、目が結膜炎となって困る方もいると思うので、治療法を紹介します。


また避けるべき習慣もあるので、気になる方は見てください。

最初にプール熱が発症した大人の症状について説明して、次に目が結膜炎になった時の対処について解説していきます。


プール熱と大人の症状


実はプール熱が発症する方の80%が5歳未満の子供とされていて、残りの20%が
大人の方のため、実際に症状が出る方は少ない傾向にあります。

また大人は子供と違い、体が丈夫なため軽症で済むケースも多いです。

しかし、体が生まれつき弱い方や高齢者などに該当する大人は重症化しやすく、プール熱の症状は以下の様になっています。

プール熱の症状

結膜炎や目の眩しさ
喉の赤い腫れや激しい痛み
38~40度の高熱
体にプツプツ出来る発疹
下痢や嘔吐

以上がプール熱の症状となるので、大人の方も気を付けましょう。

最初に目が結膜炎となり、次に喉の激しい痛みや高熱が出るという順番があるため、これらを目安にプール熱の症状か判断すると良いですよ。

大人の方は特に喉の痛みや赤い腫れが、重症化しやすい特徴があります。

プールに入る事が少ない大人がプール熱を発症してしまう理由は、周りにいる人からの二次感染が原因で、接触感染で移ってしまいます。

主に咳や手の接触で移るのですが、症状が回復しても2週間は感染力があります。

またお風呂やタオルを共有する事で、プール熱の症状が移る事もあり、お風呂は患者を最後に入れて、熱湯を掛けて消毒した方が良いでしょう。


スポンサードリンク


目の結膜炎を治す方法


目が結膜炎になる人はプールに浸かった後に手で目を擦る事が原因で、擦る前に手を丁寧に洗わないと発症する原因となります。

またプール熱は手洗いやうがいで予防する事が可能です。

目が結膜炎になってしまった方で、コンタクトレンズをしている方は、細菌やウイルスが増殖しやすく、症状が悪化しやすいので外した方が良いです。

清潔なタオルを使って治りを早くする方法もあります。

その方法は清潔なタオルを電子レンジ500wで温め、それを結膜炎になってしまった目の上に被せて、3分ほど放置すると治りが早くなります。

また女性の方は目のメイクを結膜炎が治るまで、避けた方が良いです。

プール熱が発症した大人の方には、スマホやパソコンなどを使っている方が多いと思いますが、これは結膜炎の治りが遅くなるので止めた方が良いです。

その他に目の疲れには敏感になって、疲れている時は寝る事にしましょう。


スポンサードリンク



プール熱を治す方法


今から時間があまりない大人の方にも簡単に出来る、プール熱の治療法を紹介するので、早く治したい方は見てください。

プール熱を治す方法

睡眠前に食べ物を食べない(水は良い)
ファーストフードを避ける
1日の睡眠を合計7時間取る

以上が大人のプール熱を治すのに有効な方法です。

睡眠の3時間前に食べ物を食べてしまうと消化に負担が掛かってしまいます。

結果的に脳や臓器は睡眠中に休むことが出来ず、免疫力が下がるので、3時間前になると控えると良いです。

大人の方は肉やコンビニ弁当などをよく食べますが、避けた方が良く、体に良くないものはあまり食べない方が良いです。

プール熱を早く治すのに避けて通れないのは、睡眠です。

睡眠をしっかり取らないと目に出来た結膜炎を治すのにも時間が掛かり、1日7時間以上寝るようにすると良いので、おすすめします。

以上でプール熱の大人と目の結膜炎について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ