プール熱の症状と順番!大人と子供の違いや治療方法とは

夏になると子供ならプールに入りたいと思う子供は多いですが、その際にプール熱が発症する事があり、症状は順番によって変化があります。


ここでは対策や治療方法も紹介するので、気になる方は見てください。

最初にプール熱で現れる症状の順番について説明して、次に大人や子供の方にも有効な対策と治療方法を紹介します。


プール熱の症状と順番


夏はアデノウイルスが蔓延している事が判明していて、この時期はプール熱の発症率が高くなり、ウイルスが入り3~5日で症状が発症します。

症状は一週間は続きますが、治っても2週間は二次感染させる力があります。

今からプール熱の症状と順番を説明するので、もしこの病気が発症しているか分からない方は、チェックしてください。


プール熱の症状と順番

1 目の充血や眩しさ
2 激しい喉の痛みや腫れ
3 38~40度以上の熱

以上が基本的な順番となっているので、チェックしておきましょう。

先ほど説明したプール熱の基本的な順番ですが、これら以外に咳や鼻水、体の発疹、下痢や嘔吐などの症状が出るのが特徴です。

これらには順番がないため、目の充血などから見ると分かりやすいです。

実はプール熱が発症する人の中には、大人の方はとても少ない傾向にあり、逆に子供が症状を発症する傾向は高いのです。

また大人の方は軽症で済む事が多く、喉の痛みや腫れの症状が出やすい傾向があるため、それらを見てチェックすると分かりやすいです。

しかし、病弱な大人や高齢者はプール熱の症状が重症になりやすいです。

子供の場合は免疫が弱いため発症しやすいのですが、一度も発症した事がない大人は免疫がないため、このような方は発症しやすい特徴があります。


スポンサードリンク


プール熱の対策方法


大人の方はほとんどプールに入る事がないのに発症するケースがありますが、これはプール熱が発症した子供によって二次感染するからです。

主にくしゃみや鼻水などの飛沫感染や手の接触による接触感染が原因です。

アデノウイルスはとても感染力が強く、下痢や嘔吐で出てきた汚物の処理をする大人が、この時に移る事があるため、マスクと手袋を付けた方が良いです。

またプール熱が二次感染で移っても症状に順番に違いはありません。

プール熱の感染を防ぐためには手洗いやうがいで防ぐ事が出来るため、日頃からやる事がおすすめで、特にプールから出た時はすぐにやりましょう。

また目を擦ったりしても感染するので、擦るのは止めましょう。

大人の方は感染した子供と話をしている時に感染する事が多いので、マスクをして生活しながら、なるべく別室に移して生活させると良いです。

しかし、プール熱の症状はお風呂からも移るので、ここも工夫が大事です。

例えば感染していない人が先に入り、最後に感染者を入れると効果的です。


スポンサードリンク



プール熱の治療方法


早めに治したい方は多いと思いますが、現在プール熱の症状を治す方法は存在せず、自然に治す事が一般的とされています。

しかし、免疫を上げると治りが早く、大人や子供の方も簡単に出来ます。

今からプール熱の症状を回復するための治療法を紹介するので、早めに治したい方は実践してみてください。


プール熱の治療方法

消化の負担が掛かるものを食べ過ぎない
睡眠は7時間以上取る
睡眠の3時間前に食べ物を食べない

以上がプール熱の症状に有効な方法です。

大人の方は料理をする方が多いと思いますが、豚肉や油物など消化の負担に掛かるものはあまり食べ過ぎない方が良いです。

また睡眠は7時間以上取ると免疫力が上がり、プール熱の治療方法になります。

他にも睡眠の3時間前に食べ物を食べない(水は良い)ことで、睡眠の質が上がります。

睡眠前に食べ物を食べてしまうと消化の影響で、臓器や脳が睡眠中に休むことが出来ないので、それを防ぐ事で免疫力が上がります。

以上でプール熱の症状の順番と大人について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ