プール熱の症状で咳と鼻水!?対策と治療方法について

プールに入った時から咳や鼻水が出るという方は、プール熱という病気が発症している可能性があります。


ここではチェック方法や対策を紹介するので、気になる方は見てください。

まずはプール熱の症状である咳や鼻水以外で、チェックする方法について説明して、次に対策と治療法を紹介したいと思います。


プール熱の症状


子供は学校でプールに入る事が多いですが、その際にアデノウイルスに感染して、プール熱を発症する事があります。

特に5歳以下の子供は感染しやすく、大人はほとんど発症しません。

今からプール熱の症状を説明していくので、疑いがある人は該当するかどうか、チェックする事をおすすめします。

プール熱の症状

激しい喉の痛みや腫れ
体に発疹が出る
下痢や嘔吐などが出る
目の充血や眩しさ
38~40度以上の熱
咳や鼻水

以上がプール熱の症状となります。

感染者の咳や鼻水から飛沫感染する事があり、それ以外に手による接触で移る事があるため、手を触った後は手洗いをしましょう。

また感染者が使ったタオルや衣服からも移るので、共有使用は避けましょう。

プール熱の患者の80%が5歳未満の子供とされており、歳を取る度に免疫力が上がって、発症する割合が低くなっていきます。

しかし、高齢者や体の弱い人は発症しやすいので、注意が必要です。

またプール熱は目を擦ったりした時に目が充血する事が多いため、プールから出たらどこも触らず真っ先に手洗いと目を洗う事に専念しましょう。


スポンサードリンク


プール熱の対策方法


まずプール熱の感染を防ぐには手洗いやうがいを行うのが大切で、日頃からマスクをして生活すると2次感染を防ぐのに有効です。

特に家族が感染者の場合はなるべく離れて、マスクをして話をしましょう。

プール熱の症状は治ってから、2週間は二次感染させる力があるため、それまでは対策を怠らないようにすると有効です。

お風呂から感染する事もあるので、患者を最後に入れると良いでしょう。

また咳の症状がある人はパンなどの喉に悪いものは控えて、ご飯をしっかり噛んで食べると喉に優しく効果的です。

喉の痛みや咳は辛い食べ物で悪化するので、刺激物は避けた方が良いです。

プール熱の症状で鼻水がズルズルと出る方は、電子レンジで温めたタオルで鼻を覆うと鼻水を改善する事に有効なのでおすすめします。

これは電子レンジ500wで、タオルを温めると出来るためとても簡単です。

鼻水を抑えるには3分鼻に覆うのが有効で、お風呂に入るだけでも効果はあるのですが、それはプール熱の症状から適しているとは言えません。

それは体にある発疹が悪化する事があるので、お風呂は向いていません。

プール熱の症状で咳がある人は唾液を飛ばして、移す事があるのでマスクをして生活するのが有効で、のど飴を舐めると喉の痛みに有効です。

また鼻水が出る方は一度鼻を噛む事がおすすめです。


スポンサードリンク



プール熱を治す方法


今から紹介する方法はプール熱だけでなく、咳や鼻水などの症状を改善するのに有効なので、是非行ってください。

プール熱を治す方法

生姜湯を飲む
砂糖をハチミツに変える
お風呂は5分以上入らない
睡眠をしっかり取る

以上がプール熱を治すのに有効な方法となります。

生姜には殺菌作用と体を温める効能があるため、プール熱を治すのにとても有効で、咳や鼻水を治療する事にも効果があります。

生姜小1に熱湯100㏄を注ぐと完成なので、それを朝と晩に飲むと治りが早いです。

また咳や鼻水が続く時は砂糖をハチミツに変えるのがおすすめで、ハチミツは子供の咳止め薬以上の効果があるとされているので、生姜湯に入れると良いです。

プール熱は睡眠をしっかり取ると早めに回復出来るので、早めに寝ましょう。

体に発疹の症状がある人は、傷跡として残さないため長時間の入浴を避ける事が大切で、爪を切ると掻いた時のダメージが少なくおすすめです。

咳と鼻水が続く場合はマフラーをして生活をすると改善が早いです。

プール熱を治す際に冷たい飲み物を飲む人がいますが、冷たい飲み物は咳と鼻水を悪化させるので、温かい飲み物を飲ませましょう。

以上でプール熱の症状は咳と鼻水について終わります。

Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ