プール熱の症状は下痢や発疹!?対策と治療方法とは

夏になると子供なら誰でも1度はプールに入りますが、ウイルスが感染してプール熱という病気にかかる事があります。


下痢や発疹など様々な症状が出るので、詳細について紹介します。

最初にプール熱の症状が下痢や発疹以外にどんな影響が出るのか説明して、次に対策方法や対処について解説します。


プール熱の症状とは


夏~秋にかけて発症する事が多いプール熱は5~7日間の潜伏期間を通して、症状が出るのが特徴で、最初は発熱する事から始まります。

これはアデノウイルスと呼ばれる感染力の強いウイルスが原因とされています。

また発熱の後には頭痛、体の疲労感、食欲減退、発疹、下痢、喉の痛み、結膜の充血、目ヤニ、目の眩しさなどの症状が3~5日間続いてしまいます。

患者の中でもほとんどが子供で、大人で感染する方は少ないです。

プール熱に感染した患者の割合は、5歳未満の子供が全体の80%とされている事から、子供は特に危険とされています。

病弱な方や高齢者なども症状が重症化しやすいので注意が必要です。

プール熱による発熱の温度は38~40度とされていて、熱と見極める際は目が充血していないか、下痢や発疹などの症状があるか、確認すると分かりやすいです。

症状の中でも喉の痛みが激しいので、こちらでもチェック出来ます。

プールの体温が上がる事で患者が急増するのですが、現在でも原因は分かっていませんが、冬なども感染する事があり、年中感染するため注意が必要です。

当然ですが、スイミングスクールに通う子供は要注意です。


スポンサードリンク


プール熱の感染を防ぐ方法


子供にプールに連れて行く際に大切なのは、とにかく衛生面がしっかりされている綺麗な場所を選ぶ事がポイントで、そうすると感染率を下げる事が出来ます。

また二次感染させる事があるため、下痢や発疹などの症状が移る事があります。

プール熱に感染した人が使ったタオルやハンカチなどを使う場合は、感染する事があり、洗濯機で洗う際も周りの衣服に移るので注意が必要です。

感染者が使った物は避けて、症状が回復して2週間は守らないと感染します。

またプール熱に感染した方をお風呂に入れる際は、最後に入れる事で感染を防ぐ事が可能で、この順番を守らないと症状が感染します。

基本的な対策としてはうがいと手洗いをすると結構です。

また下痢の汚物や感染者の発疹に触れると感染する事があるので、触れる事は避けるようにする事が大切で、プール熱にかかると学校の通学が出来ません。

これは医師の許可が必要となり、症状が回復して2日経過しないと通えません。

しかし、特別な措置として、プール熱を移す可能性がないと判断された場合は、通常通り学校に通う事が出来るため検査をするのも良いと思います。

また家族の方はうがいと手洗いをしっかりするようにしましょう。


スポンサードリンク



プール熱を治す方法


現在プール熱の症状で下痢が出ている人は、無理をして食事を摂取するのは控えた方が良く、食事はお粥など胃の負担が少ないものを食べましょう。

また下痢で水分不足になる事があるため、水分補給をしっかりしましょう。

プール熱を治す際で大切なのは、免疫力を上げる事が一番の近道で、現在は治療方法がないため免疫力を上げて早く治すのがお勧めできます。

また発疹がある人は傷を作らないために爪を切ると良いです。

免疫力がプール熱の症状を治すのに有効なので、今から免疫力を上げる方法を紹介するので、気になる方は見てください。

プール熱を治す方法

夜11時までには寝る
寝る前に水をしっかり飲む
肉や油物は食べさせない
生姜湯を飲ませる

以上がプール熱を治すのに有効な方法となります。

まずはしっかり寝かせる事が大切で、寝る前に水を飲むと睡眠中の水分不足を防ぎ、免疫力を上げる事が出来るので、症状改善に有効です。

また肉や油物は熱を上げてしまうので、避けた方が良いでしょう。

生姜湯はすりおろした生姜小1と熱湯を混ぜると完成で、飲むと免疫力を上げて下痢や発疹の改善を早くする事が可能です。

下痢があり、腹痛がある人はお腹を反時計回りに撫でると痛みを緩和出来ます。

またプール熱で発疹の症状がある人はお風呂に長時間入るのは、避けた方が無難なのでシャワーだけで終わらせるか、5分以内で出た方が良いです。

以上でプール熱の症状と下痢と発疹について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ