熱中症になったら軽度や吐き気で対処が変わる?対策方法とは

外で重労働をしている方やスポーツを楽しむ人は、熱中症になる事が多く、軽度から中度に悪化すると吐き気の症状が出てきます。


ここでは対処法や対策方法を紹介したいと思っています。

まずは熱中症になったら軽度や吐き気以外に現れる症状について説明して、次に対処法と対策について紹介していきます。


熱中症の症状


夏はとても暑いため自然と汗が流れてしまい、この時に体にある塩分と水分が抜けて、体の温度を調節できず、体の神経に異常が出て発症します。

特に湿度と湿度が高い場所では、体内温度を外に出せず発症しやすいです。

熱中症になったら軽度~重度の間で吐き気などの症状があるとされていて、症状によって危険性が変わってくるので、それぞれ説明します。

熱中症の危険度

軽度 筋肉痛、めまい、立ちくらみ、体の痙攣、多量の汗
中度 吐き気、気分の悪さ、頭痛、嘔吐、体の疲労感
重度 意識がない、声に反応しない、普通に歩けない

以上が熱中症になったら現れる症状の一覧となります。

軽度までの症状が出た時は陰のある涼しい場所に移動して、塩分や水分を補給を急いで行い、衣服をゆるめて熱を出しやすい状態にします。

また中度の場合も同じ対処で良いですが、場合によっては救急車が必要です。

熱中症が重度になったら意識を失うケースもあり、急いで救急車を呼ぶようにして、その後は体を仰向けにして足の膝を曲げると血流の流れが良いです。

この時水分や塩分を摂取出来る場合は飲ませてあげると良いです。

また軽度や重度でも有効なのは、首の周りや脇の下を濡らしたタオルやアイスノンで冷やしてあげると熱中症の対処は充分となります。


スポンサードリンク


熱中症になったら食事を取らない!?


軽度の症状の時点で気分が悪くなるのですが、中度の熱中症になったら吐き気を伴う事があり、そのせいで食事を摂取出来ないケースがあります。

また軽度の場合でも気分が悪いと食べない子供もいるようです。

こんな時はビタミンB1を摂取するのがおすすめで、ビタミンB1は疲労を回復して食欲を増進するうため、熱中症になった時に有効な栄養です。

主に肉類や大豆類に含まれていてるので、それらを摂取すると良いです。

具体的な食品を紹介するとベーコン、ハム、納豆、豆腐などに多く含まれていて、これらは手軽に購入して摂取できるのでおすすめします。

しかし、軽度の症状や吐き気があり、全く食欲がない時は控えた方が良いです。

吐き気の症状がある時に避けるべき事は、お茶やコーヒーを控える事が大切で、これらに含まれている「カフェイン」は体内の塩分と水分を排泄します。

すると熱中症を悪化させるので、水を飲ませる事に専念しましょう。

熱中症予防のためにスポーツドリンクを飲む方がいますが、500ml中に角砂糖15個分ほど入っているので、飲み過ぎは控えた方が良いです。

出来れば塩分を入れた水を飲む事をおすすめします。


スポンサードリンク



熱中症の対策方法


今から熱中症になったらどうしようと不安な方に簡単に出来る対策方法を紹介するので、予防したい方は日頃から実践しましょう。

熱中症の対策方法

クーラーの温度を高めに設定する
水は少しづつ飲み頻繁に飲む
寝る前はスマホやテレビを控える
汗はなるべく早く拭き取る

以上が熱中症対策に有効となります。

身近にある病気で冷房病という病気があり、これは室内の温度と外的温度が全く違うため、発症する病気があり、吐き気や手足のしびれなどの症状を伴います。

これは熱中症の発症率も上げるので、注意しましょう。

また水分を取る時は少しずつ飲む事で体への吸収率を上げる事が可能で、1時間1回の頻度で飲むと水分摂取はばっちりでしょう。

熱中症になりやすい人ほど頭痛や吐き気の症状が出る事があります。

これは睡眠不足によるもので、睡眠をしっかり取らない人は全身に栄養と酸素が行かず、体がだるいと感じるため、これらの症状が出ます。

そのため日頃からよく寝てないと暑い中動くのはかなり厳しいです。

また熱中症とは関係ないのですが、汗を早めに吹かないとニキビの原因になってしまうので、軽度のニキビになる前にすぐにタオルで拭きましょう。

以上で熱中症になった時の軽度と吐き気の対処について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ