熱中症対策飲料の作り方!対策に有効な習慣とは

炎天下の中を走り続ける運動部の方や外で働く労働者は、熱中症になりやすいので、対策飲料の簡単な作り方を紹介します。


また身近にある飲み物で有効な飲み物も挙げて行こうと思います。

最初に熱中症対策飲料の簡単な作り方について説明していき、次に身近にある飲み物で有効な飲み物と対策方法を紹介します。


熱中症対策飲料の作り方


人の体は塩分と水分で上手く循環して動いていますが、夏の暑さによって大量の汗が流れる事によって、塩分と水分が体外に流れてしまいます。

すると熱中症になるので、この二つを対策飲料で補わなければなりません。

今から紹介する熱中症対策飲料は簡単に作る事が出来て、塩分と水分を補えるので作り方をよく見て作ってみましょう。

熱中症対策飲料の作り方

材料(1本分)

水    500ml
砂糖   大さじ1
塩    少々
レモン汁 少々

1 容器の中に砂糖と塩を入れて熱湯を少し入れます。
2 その後スプーンで混ぜて砂糖と塩を溶かします。
3 水を500mlとレモン汁を少々入れます。
4 冷蔵庫で冷やして完成です。

以上が熱中症対策飲料の作り方となります。

レモンの汁を絞るのが面倒な方は、市販で売られているポッカレモンを代用しても良いので、それを混ぜると簡単に対策飲料を作る事が出来ます。

また砂糖は出来ればハチミツに変えると体に良いです。

ハチミツは肌を綺麗にして便秘改善にも有効なので、綺麗になりたいと思っている方は砂糖の代わりにハチミツを入れる事をおすすめします。

賞味期限は特にありませんが、3日以内に飲んだ方が良いと思います。


スポンサードリンク


熱中症に有効な飲み物


先ほどは熱中症対策飲料の作り方を説明しましたが、作るのが面倒な方は身近にある飲み物でも有効なので、おすすめの飲み物を紹介します。

熱中症に有効な飲み物

ポカリスエット、アクエリアス、天然水
トマトジュース、レモンジュース、CCレモン
アセロラジュース、麦茶、ほうじ茶、ゴーヤ茶

以上が熱中症対策に有効な飲み物となります。

この中でも砂糖を含んでいる飲料は危険で、実は500mlのドリンクに含まれている砂糖の量は、角砂糖15個分とされているので、体にとても悪いです。

そのため2日に1本の間隔で飲むのがおすすめで、他は水にすると良いでしょう。

今回紹介した飲料の中にはお茶が含まれていますが、これらには「カフェイン」が含まれていないので、熱中症を悪化させる事がありません。

カフェインとは水分と塩分を利尿作用で排出する成分の事です。

このカフェインは数多くのお茶やコーヒーに含まれていて、体のむくみを取る作用で美容には良いのですが、熱中症には悪いです。

熱中症対策飲料は先ほど作り方を説明した飲料の方がお勧めできます。

なぜなら砂糖の量が通常のドリンクの方がとても多く、砂糖は体力を落とすので、熱中症対策飲料には適していないでしょう。

そのため先ほど作り方を紹介した飲料がおすすめできます。


スポンサードリンク



熱中症の対策方法


熱中症対策飲料を飲んでも完璧な対策とは言えず、今から紹介する方法を試すと予防効果をアップさせる事が可能なので、実践してみてください。

熱中症の対策方法

水を飲む時は少しずつ飲む
夜11時には寝るようにする
肉や豆類を摂取する
クーラーの温度を高くする
水を1時間1回飲む

以上が熱中症の対策方法となります。

対策飲料を飲む時におすすめの飲み方はゆっくり飲む事で、こうすると水分の吸収率が上がるので、塩分を吸収しやすくなります。

また水は喉が渇いたと感じる前に飲まないと効果が薄いので、注意しましょう。

肉や豆類にはビタミンB1が含まれていて、ビタミンB1は食欲を増して疲労を回復する作用があるため、熱中症対策には必要な栄養です。

ベーコンや納豆から手軽に摂取できるので、おすすめします。

冷房をかけて寝るのは好ましい事ではなく、冷房で室内の温度を下げて、外の暑い気温と全く違う空間で生活すると体に異常が出る事があります。

それは冷房病と呼ばれる病気で、手足のしびれや吐き気などが出ます。

これは涼しい場所と暑い場所の行き来を繰り返す事で、温度のバランスを崩して発症する事があるため、冷房の温度は27~28度しましょう。

以上で熱中症対策飲料の作り方と対策について終わります。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ