誰でも一度は「DHA」という成分を聞いた事があると思いますが、実はDHAという成分は健康状態と非常に大きな関係があります。


16ab64923be33c4a3e24f00c57a5809d_s


特に肥満や血圧が高めの人には、必要となる成分です。

実際にDHAを採取するとどのようなメリットがあるのか、今回はDHAという成分を分かりやすく説明していきます。

DHAの健康メリットとは


青魚から多く取れるDHA(ドコサヘキサエン酸)は必須脂肪酸の一つで、非常にサラサラした油であり、時間が経過してもドロドロに固まらない油です。

必須脂肪酸は人間の体が作る事が出来ない成分で、日頃からDHAを摂取していると以下のメリットがあります。

DHAのメリット

中性脂肪の減少
悪玉コレステロールの減少
血流を良くする
脳梗塞対策
認知症の予防
視力の回復
アレルギーに免疫が付く
精神の安定性がアップ
前向きになる

DHAは以上の健康作用を持っています。


人間は不要なエネルギーを中性脂肪に変える働きがありますが、DHAはその変換作用を弱める働きがあるため、中性脂肪を抑える働きがあります。


そして、脂肪分解酵素を高めるので、脂肪を燃焼しやすくなります。


また悪玉コレステロールなどの血流の動きを悪くする成分を除去して、善玉コレステロールを増やすので、痩せやすい体質を作り、血管内を柔らかくして血流を良くします。


そのため、脳梗塞や糖尿病の対策に有効です。


そして、DHAは認知症の予防にも役立ち、脳にある「海馬」という記憶と学習の機能を持つ部位を活性化させるからです。


また目の粘膜は脂肪酸の40%を占めています。


そのためDHAの様な油を摂取すると目の動きが良くなり、視力に好影響をもたらせるので、目が悪い方におすすめです。


その他にストレスを溜めがちな人にDHAはおすすめです。


DHAはストレスを緩和させて、精神を安定させる力があり、前向きな思考を作る作用があり、判断力もアップします。


以上がDHAの健康作用となります。

生活の知識

美容にとても良いという事から、女性から高い支持を受けているトマトジュースの効果と効能は、高血圧や肥満を改善に役立ちます。


ここでは効果的な飲み方と時間帯について、紹介したいと思います。

最初にトマトジュースを飲んだ時の効能について説明して、次に高血圧や肥満に良い成分や有効な飲み方について解説します。


トマトジュースの効果と効能


トマトジュースが美容に良いとされる理由は「リコピン」と呼ばれる成分が関係しており、この成分は活性酸素を取り除き、老化を防ぐ効果があります。

また肌にコーラゲンを与える効能があるので、美肌になります。

トマトジュースを飲むと肌が綺麗になるだけでなく、チロシナーゼの効果でシミやソバカスの原因であるメラニンを減少させる効能があります。

そのため肌を白くする作用があると昔から言われています。

またトマトジュースには食物繊維が豊富で、便秘を改善してくれるのでダイエットにも有効であり、便秘が治る事で肌を綺麗にする効果も出来ます。

しかも痩せるだけでなく脂肪を燃焼しやすい体にする効能があります。

実際にトマトジュースを一週間飲み続けた方は、1日の排便回数が1回だった状態から、飲み始めると1日2回に排便回数が増えたようです。

これらの事から女性に人気で、女性に多いむくみを治す効果もあります。

トマトジュースにはカリウムが含まれており、カリウムの効能は余分な塩分を排出して、むくみを改善してくれるためとてもお勧めできます。

そのため朝起きると足や顔がパンパンな方は飲むと良いでしょう。


「トマトジュースの効果と効能は高血圧や肥満を改善する!?」の続きを読む »

旬の野菜

熱い夏の時期が来るとプール熱を発症する大人が多くなりますが、頭痛や微熱など様々な症状が出るため詳細を説明します。


また治療法や対策を紹介するので、元気がない方は見てください。

最初にプール熱が発症した大人の頭痛や微熱以外の症状について説明して、次に治療方法や対策について詳細を解説します。


プール熱の症状


大人の方でプール熱が発症する人は、二次感染によって発症する事が多く、元々はプールに入る機会がある子供にアデノウイルスが侵入して症状が出ます。

そのため子供の患者がほとんどで、大人の方は軽症で済む事が多いです。

プール熱の潜伏期間は3~5日とされており、この期間が経過すると発症して頭痛や微熱などの症状を伴うので、その他の症状も紹介します。

プール熱の症状

目が赤く充血する
喉の激しい痛みや腫れ
38度以上の微熱
頭痛や気分の悪さ
下痢や嘔吐
咳や鼻水

以上がプール熱が発症した人に現れる症状となります。

最初に目が充血して、次に喉の痛みが現れるという順番があるようなので、それを目安にしているとプール熱か、分かりやすいと思います。

大人の方は喉の痛みや腫れが出やすいので、分かりやすい面もあります。

頭痛や微熱などの症状は発症から一週間で治る事が多く、回復しても2週間は二次感染させる力があるため、なるべく人との接触は避けた方が良いです。

感染は咳や鼻水の飛沫感染や手の触れ合いによる接触感染です。


「プール熱の大人は頭痛や微熱が出る!?治療方法とは」の続きを読む »

身近な病気

夏はプール熱に掛かる大人が増えますが、仕事の用事で会社に出勤しなければならない方は、不安になると思います。


ここでは治療方法や対策方法を教えるので、是非見てください。

最初にプール熱が発症した大人は、仕事のために会社に出勤してもいいのか説明して、次に対策と治療方法を公開していきます。


プール熱の症状


猛暑になると暇な子供はプールに入る子が多いですが、その時にアデノウイルスが付着して、3~5日間の潜伏期間が経過して症状が出ます。

症状は大人の方でも一週間は続くので、注意が必要です。

今からプール熱が発症した時に出るし症状を紹介するので、自分が発症しているかどうか確認すると良いでしょう。

プール熱の症状

目が結膜炎になる
喉の激しい痛みや赤い腫れ
38度以上の微熱が続く
咳や鼻水が出る
嘔吐や下痢が出る
体の小さな発疹

以上がプール熱の症状となります。

プール熱の発症者は現在の統計によると80%の割合が子供とされていて、残りの20%が大人とされているため、5歳未満の子供がとても多事が判明しています。

大人の方は二次感染によって移る事が多い事も分かりました。

子供の場合はプール熱の症状が回復して2日間は学校に通学出来ませんが、大人の方は仕事のために会社に出勤出来るので、問題ありません。

しかし、会社に出勤して、仕事の仲間に移す事もあるので、注意が必要です。

また大人の方がプール熱になると喉の痛みが出やすく、子供に比べて軽症で治るケースもあるので、そこは問題ありません。


「プール熱の大人は仕事で会社に出勤しても良い?治療方法とは」の続きを読む »

身近な病気

夏はとても暑いので、プールに入る子供がとても多くなってきますが、アデノウイルスによってプール熱が発症して、大人にうつる事があります。


ここでは治療期間や治す方法を紹介するので、気になる方は見てください。

最初にプール熱にかかった大人の症状について説明して、次に治療期間や治す方法を紹介するので、早めに改善したい人は見てください。


プール熱の症状


実はプール熱が発症する人のほとんどが5歳未満の子供とされており、大人はとても少なく軽症で済む事が多いのですが、子供による二次感染で移ります。

また軟弱な体の人や高齢者は大人でも重症化しやすいので、危険です。

今からプール熱が発症した人に出る症状を紹介するので、自分がこの病気にかかっている疑いがある人は、確認してもらうと判別できます。

プール熱の症状

目が赤く腫れる
咳や鼻水が続く
喉の激しい痛みや赤い腫れ
体に出来る小さな発疹
38度以上の微熱
下痢や嘔吐

以上がプール熱が発症した時に出る症状となります。

この病気が発症する前に出る症状には順番があり、目の充血、激しいの喉の痛み、微熱とこのような順に体に異常が現れていきます。

大人の方は喉の痛みが出やすいので、それを目安にしましょう。

プール熱で目が充血する事が多いのは、アデノウイルスが付着した手で目を擦る事で、発症する事があるので、プールから出たらすぐに手洗いをします。

基本的には手洗いとうがいで予防する事が出来ます。


「プール熱の大人の治療期間と治す方法とは」の続きを読む »

身近な病気

プール熱は子供に発症する事が多い病気ですが、大人にもうつる事があるので、詳細について説明したいと思います。

また下痢や嘔吐で感染する事があるので、予防法を紹介します。

最初にプール熱の症状と感染経路について説明して、次に下痢などの二次感染を予防する方法を解説していきます。


プール熱の症状


暑い夏が来ると子供はプールに入ってきますが、その際にアデノウイルスが体に付着する事で、3~5日の潜伏期間を通してプール熱が発症します。

統計では80%の患者が5歳未満の子供とされており、大人の方は少ないです。

また大人の方がプール熱を発症しても軽症で済むケースが多く、重症化しやすいのは生まれつき病弱な人や高齢者の方とされています。

今からプール熱の症状を紹介するので、自分が発症しているか確認してください。

プール熱の症状

目が充血する
喉の激しい痛みと腫れ
38度以上の高熱
下痢や嘔吐
小さな発疹
咳や鼻水

以上がプール熱が発症した時の症状となります。

最初に現れる症状は目の充血とされていて、次に喉の激しい痛みが出て、最後に高熱が出るのが特徴なので、見極める時にチェックすると良いです。

大人の方は喉の痛みが出やすいので、ここに注目すると良いです。

プール熱は発症してから一週間後には治る事が多いですが、治っても2週間は二次感染させて、周りの人にうつる事もあります。

うつる原因は咳や下痢などの飛沫感染や手による接触感染です。


「プール熱は大人も下痢でうつる!?予防と治療方法とは」の続きを読む »

身近な病気

夏の時期はプール熱を発症する大人が増えますが、目が結膜炎となって困る方もいると思うので、治療法を紹介します。


また避けるべき習慣もあるので、気になる方は見てください。

最初にプール熱が発症した大人の症状について説明して、次に目が結膜炎になった時の対処について解説していきます。


プール熱と大人の症状


実はプール熱が発症する方の80%が5歳未満の子供とされていて、残りの20%が
大人の方のため、実際に症状が出る方は少ない傾向にあります。

また大人は子供と違い、体が丈夫なため軽症で済むケースも多いです。

しかし、体が生まれつき弱い方や高齢者などに該当する大人は重症化しやすく、プール熱の症状は以下の様になっています。

プール熱の症状

結膜炎や目の眩しさ
喉の赤い腫れや激しい痛み
38~40度の高熱
体にプツプツ出来る発疹
咳や鼻水
下痢や嘔吐

以上がプール熱の症状となるので、大人の方も気を付けましょう。

最初に目が結膜炎となり、次に喉の激しい痛みや高熱が出るという順番があるため、これらを目安にプール熱の症状か判断すると良いですよ。

大人の方は特に喉の痛みや赤い腫れが、重症化しやすい特徴があります。

プールに入る事が少ない大人がプール熱を発症してしまう理由は、周りにいる人からの二次感染が原因で、飛沫感染と接触感染で移ってしまいます。

主に咳や手の接触で移るのですが、症状が回復しても2週間は感染力があります。

またお風呂やタオルを共有する事で、プール熱の症状が移る事もあり、お風呂は患者を最後に入れて、熱湯を掛けて消毒した方が良いでしょう。


「プール熱の大人は目が結膜炎になる!?対策と治療法とは」の続きを読む »

身近な病気

夏になると子供ならプールに入りたいと思う子供は多いですが、その際にプール熱が発症する事があり、症状は順番によって変化があります。


ここでは対策や治療方法も紹介するので、気になる方は見てください。

最初にプール熱で現れる症状の順番について説明して、次に大人や子供の方にも有効な対策と治療方法を紹介します。


プール熱の症状と順番


夏はアデノウイルスが蔓延している事が判明していて、この時期はプール熱の発症率が高くなり、ウイルスが入り3~5日で症状が発症します。

症状は一週間は続きますが、治っても2週間は二次感染させる力があります。

今からプール熱の症状と順番を説明するので、もしこの病気が発症しているか分からない方は、チェックしてください。


プール熱の症状と順番

1 目の充血や眩しさ
2 激しい喉の痛みや腫れ
3 38~40度以上の熱

以上が基本的な順番となっているので、チェックしておきましょう。

先ほど説明したプール熱の基本的な順番ですが、これら以外に咳や鼻水、体の発疹、下痢や嘔吐などの症状が出るのが特徴です。

これらには順番がないため、目の充血などから見ると分かりやすいです。

実はプール熱が発症する人の中には、大人の方はとても少ない傾向にあり、逆に子供が症状を発症する傾向は高いのです。

統計によると80%の方が5歳未満の子供で、残りの割合が大人とされています。

また大人の方は軽症で済む事が多く、喉の痛みや腫れの症状が出やすい傾向があるため、それらを見てチェックすると分かりやすいです。

しかし、病弱な大人や高齢者はプール熱の症状が重症になりやすいです。

子供の場合は免疫が弱いため発症しやすいのですが、一度も発症した事がない大人は免疫がないため、このような方は発症しやすい特徴があります。


プール熱の対策方法


大人の方はほとんどプールに入る事がないのに発症するケースがありますが、これはプール熱が発症した子供によって二次感染するからです。

主にくしゃみや鼻水などの飛沫感染や手の接触による接触感染が原因です。

アデノウイルスはとても感染力が強く、下痢や嘔吐で出てきた汚物の処理をする大人が、この時に移る事があるため、マスクと手袋を付けた方が良いです。

またプール熱が二次感染で移っても症状に順番に違いはありません。

プール熱の感染を防ぐためには手洗いやうがいで防ぐ事が出来るため、日頃からやる事がおすすめで、特にプールから出た時はすぐにやりましょう。

また目を擦ったりしても感染するので、擦るのは止めましょう。

大人の方は感染した子供と話をしている時に感染する事が多いので、マスクをして生活しながら、なるべく別室に移して生活させると良いです。

しかし、プール熱の症状はお風呂からも移るので、ここも工夫が大事です。

例えば感染していない人が先に入り、最後に感染者を入れると効果的で、大人の方はお風呂掃除をする方が多いと思いますが、この時は熱湯を掛けましょう。

シャワーで一番熱い温度の熱湯で、お風呂の中を消毒しましょう。


プール熱の治療方法


早めに治したい方は多いと思いますが、現在プール熱の症状を治す方法は存在せず、自然に治す事が一般的とされています。

しかし、免疫を上げると治りが早く、大人や子供の方も簡単に出来ます。

今からプール熱の症状を回復するための治療法を紹介するので、早めに治したい方は実践してみてください。


プール熱の治療方法

肉や油物などを食べない
バナナやヨーグルトを食べさせる
爪を切って生活する
のど飴を舐める

以上がプール熱の症状に有効な方法です。

大人の方は料理をする方が多いと思いますが、肉や油物などは熱の温度を上げる作用があるため、症状が回復するまで控えた方が良いです。

逆にバナナやヨーグルトは免疫を上げるため、食べさせてください。

プール熱で発疹が出てくる事があり、そんな時は爪を切る事で、掻いた時に与える皮膚のダメージを減らせるので、切る事をおすすめします。

発疹はいつ出るか順番が決まっていないため、早めに切った方が良いです。

また大人の方に出やすい喉の痛みや腫れにはのど飴が有効で、のど飴はレモン味のものを選ぶと効果が高いです。

その他にハチミツも喉に優しいので、買って摂取する事がおすすめです。

以上でプール熱の症状の順番と大人について終わります。

身近な病気

プールに入った時から咳や鼻水が出るという方は、プール熱という病気が発症している可能性があります。


ここではチェック方法や対策を紹介するので、気になる方は見てください。

まずはプール熱の症状である咳や鼻水以外で、チェックする方法について説明して、次に対策と治療法を紹介したいと思います。


プール熱の症状


子供は学校でプールに入る事が多いですが、その際にアデノウイルスに感染して、プール熱を発症する事があります。

特に5歳以下の子供は感染しやすく、大人はほとんど発症しません。

今からプール熱の症状を説明していくので、疑いがある人は該当するかどうか、チェックする事をおすすめします。

プール熱の症状

激しい喉の痛みや腫れ
体に発疹が出る
下痢や嘔吐などが出る
目の充血や眩しさ
38~40度以上の熱
咳や鼻水

以上がプール熱の症状となります。

感染者の咳や鼻水から飛沫感染する事があり、それ以外に手による接触で移る事があるため、手を触った後は手洗いをしましょう。

また感染者が使ったタオルや衣服からも移るので、共有使用は避けましょう。

プール熱の患者の80%が5歳未満の子供とされており、歳を取る度に免疫力が上がって、発症する割合が低くなっていきます。

しかし、高齢者や体の弱い人は発症しやすいので、注意が必要です。

またプール熱は目を擦ったりした時に目が充血する事が多いため、プールから出たらどこも触らず真っ先に手洗いと目を洗う事に専念しましょう。


「プール熱の症状で咳と鼻水!?対策と治療方法について」の続きを読む »

身近な病気

夏になると子供なら誰でも1度はプールに入りますが、ウイルスが感染してプール熱という病気にかかる事があります。


下痢や発疹など様々な症状が出るので、詳細について紹介します。

最初にプール熱の症状が下痢や発疹以外にどんな影響が出るのか説明して、次に対策方法や対処について解説します。


プール熱の症状とは


夏~秋にかけて発症する事が多いプール熱は5~7日間の潜伏期間を通して、症状が出るのが特徴で、最初は発熱する事から始まります。

これはアデノウイルスと呼ばれる感染力の強いウイルスが原因とされています。

また発熱の後には頭痛、体の疲労感、食欲減退、発疹、下痢、喉の痛み、結膜の充血、目ヤニ、目の眩しさなどの症状が3~5日間続いてしまいます。

患者の中でもほとんどが子供で、大人で感染する方は少ないです。

プール熱に感染した患者の割合は、5歳未満の子供が全体の80%とされている事から、子供は特に危険とされています。

病弱な方や高齢者なども症状が重症化しやすいので注意が必要です。

プール熱による発熱の温度は38~40度とされていて、熱と見極める際は目が充血していないか、下痢や発疹などの症状があるか、確認すると分かりやすいです。

症状の中でも喉の痛みが激しいので、こちらでもチェック出来ます。

プールの体温が上がる事で患者が急増するのですが、現在でも原因は分かっていませんが、冬なども感染する事があり、年中感染するため注意が必要です。

当然ですが、スイミングスクールに通う子供は要注意です。


「プール熱の症状は下痢や発疹!?対策と治療方法とは」の続きを読む »

身近な病気